最近の記事

2015年11月09日

2階リビングの家 Sさんが工務店と請負契約



9月に競争入札をしたSさんが
工務店と請負契約を交わされました。

2階リビングの家でSさんが工務店と請負契約

S様邸はLDKが2階にあるプランになっています。

競争入札の際に作成したプランでは1階にLDKがありました。
しかし、工務店と打合せを重ねていく中で現在のプランになりました。


2階リビングの場合、
最大のメリットは何といっても明るさです。

リビングの明るさを最優先で考えている人には、ぜひお勧めします。


また、リビングはできるだけ広く取るのが通例ですから、
1階にLDKがあると、1階の壁の量が少なくなってしまいます。

ですから、2階にLDKがある方が建物の構造的にも有利です。


他に動線としてのメリットも出てきます。

例えば仕事から家に帰ってきた時に、

・玄関
 ↓
・1階の個室 コートやスーツを脱ぎ、ラフな服に着替え
 ↓
・2階のリビング

といった具合にスムーズな動線になります。

小学生のお子さんがいると、1階リビングの場合、
学校から帰ってきて、ランドセルをリビングに置いたまま
ダイニングでおやつを食べたり、
外へ遊びに行ってしまったりする訳ですが、
そんな状況にはならないでしょう。


2階リビングには色々なメリットがある一方、
デメリットも出てきます

夕食の買い物から帰ってきた時は、
重たい荷物を持って、階段を昇ってからキッチンへ・・・。

宅配便が来た時の事を想像してみてください。

リビングで寛いでいる時にインターホンが鳴り、
「宅配便でーす」

階段を降りて荷物を受け取り、
荷物を持って、再び階段を昇ってリビングへ・・・。

お子さんが学校から帰ってきた時も、
玄関のカギを開けるために・・・。


2階リビングは確実に階段を昇り降りする回数が増えます

若い時はまだ良いかも知れませんが、
さすがに年齢を重ねていくと、次第に辛くなってきます。


そこでS様邸の場合は、
将来、エレベータを設置できるような間取りにしてあります。


おそらく、新築をご計画の方の中には
2階リビングをお考えになる方も多いと思います。

採用される場合はデメリットの事もよく検討しましょう。

posted by ポラリス at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

「まことちゃんハウス」は何が悪いのか?


「まことちゃんハウス」というのは
2008年に吉祥寺で建築された漫画家の楳図かずお氏の自宅です。

TOKYO MX のニュース映像↓
(2008年3月17日)



赤白のストライプの外壁。
屋根には顔を模したデザインの物見塔。

ちなみにこの家の工事を請負ったのは住友林業でした。


近隣住民はこの住宅が景観破壊であるとして、
外観の変更を求めて訴訟を起こしました。

・・・で、東京地裁は「景観の調和を乱すとまでは認められない」と判断。
原告側の主張を全面的に退ける判決となりました。

吉祥寺のこの辺りは第一種低層住居専用地域という閑静な住宅地を目指す地域ではあるものの、この様な住宅のデザインを規制する法律も、地域の規定もありませんし、判決としては妥当だと思います。

妥当だとは思いますが、「自分の土地に自分の好きな家を自由に建てて構わない」と裁判所がお墨付きを与えてしまった感じがします。

ネット上は概ね、楳図かずお氏の勝訴を歓迎し、訴えた近隣住民を非難する論調になっています。

しかし、私はどう見ても「まことちゃんハウス」は景観破壊だと思います。

先日、このブログでも書きましたが
日本以外の先進諸国では街並みの景観が大切にされています。

それは単に綺麗な街並みの方が精神的に良いから
という事だけではなく、
個人の資産価値の形成に直結する話だからです。


例えば下の写真は「まことちゃんハウス」の最寄駅、
吉祥寺駅の駅前です。
日本ではよく見かける風景ですね。

どの店も好き勝手にしているので、こんな状況になります。

吉祥寺駅前の風景

ここで飲食したり買い物をしたりする人は
吉祥寺に住む人か仕事をしている人でしょうね。

そうでない人が、わざわざ行きたいとは思いませんね。


一方、下はシアトルの繁華街

シアトルの繁華街の風景

ここに集まるのはシアトルの人だけではありません。
数年前、私も日本から行って、この辺りをブラブラしてきました。

余談ですが、あのスターバックスの1号店もこの辺りにあるんですよ。


上の吉祥寺とシアトルの写真を比べて、
どちらの方が、資産価値が高いと思われますか?


建物の外観は景観の一部を形成しますので、
地域の共有財産です。

インテリアは個人の好みで、いくらでも好きなようにすれば良いでしょう。
しかし、外観は個人が全く自由に個性を主張できるというものではありません

これから家を建てる方は、ぜひその辺りをご考慮頂ければと思います。


posted by ポラリス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

コーキングレスのサイディング工事が完了


本日は毎週恒例の工事現場の視察の日。

城陽市のI様邸はちょうど外壁工事が完了したところで、
その出来栄えを確認しようと思って見てみると、
・・・あれ、コーキングの跡が無い。

コーキングレスのサイディング

昨年末ごろに、住宅の業界誌で紹介されていましたが、
コーキングレスのサイディングを実際、目にしたのはこれが初めてです。

これまでの一般的なサイディングは、上下の2方が合いじゃくりになっていて、両サイドの2方はコーキングで処理するようになっていました。

しかし、コーキングレスのサイディングは4方が合いじゃくりになっていて、コーキングの必要がありません。
ただ、いつもより外壁工事の工期が2〜3日ぐらい長かったような気がします。新しい商品なので職人さんが慣れていないからかも知れませんが。

これまでサイディングのコーキング部は最大の弱点でした。
劣化しやすいので、十数年もすると打ち替えなければならず、そのメンテナンス費用はばかになりませんでした。

しかし、これならその必要がなく、経済的ですね。
見た目も綺麗ですし・・・。

現時点で、大手では次の2社がコーキングレスの商品を発売しています。

旭トステム外装

ニチハ

KMEWは今のところ高耐久のコーキング材で対応しています


こうして実物を目にして思いましたが、
どうやら、これからはコーキングレスですね。
商品ラインナップもドンドン充実していく事でしょう。

posted by ポラリス at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

続・日本の住宅の寿命が30年なのはなぜ?



先日のブログで、

なぜ日本の住宅の寿命が30年しかないのか?
その最大の理由は陳腐化だと書きました。

ミサワホームの創業者、三澤千代治さんが言うように、耐久性を向上させれば住宅の寿命が永くなるのかと言えば、そんな簡単な事ではありません。

海外の事情はどうなっているのでしょうか?
主な先進諸国の住宅寿命は、

•イギリス:141年
•アメリカ:103年
•フランス:86年
•ドイツ:79年

となっています。
どの国も日本と同じように木造住宅がメインです。


下の写真は北米の一般的な庶民の住宅地です。
バンクーバー郊外で撮影した写真です。

北米のバンクーバー郊外の街並み

一方、下の写真はどこでも見かけますよね・・・。
日本の一般的な住宅地です。

日本の住宅地の街並み

いかがでしょうか? どちらが魅力的ですか?
・・・一目瞭然です。直感的に分かりますね。


ともかく、日本と違って北米では街並みが重要視されているのです。

流行に左右されない伝統的なデザイン様式で統一されていて、
街並みが陳腐化する事がなく、いつまでも魅力が失われません。

ですから、そこに住みたいと思う人が沢山現れ、
家を売りに出せば買った時と同じか、うまくいけば高値で売れる事もあります。

北米の人は自分のライフサイクルの変化に応じて住み替えをします。
皆、次に住み替える際には、できるだけ高値で売りたいので積極的にメンテナンスし、家は綺麗に保たれ、更には街並みの美しさも保たれます。

つまり、北米では家の資産価値を保つシステムができているので、
日本のように、築30年やそこらで建て替えるような事は無く、
103年もの住宅寿命となっているのです。

※イギリスは北米とはまた違った特殊なシステムによって
 住宅の長寿命を実現しています。
 その辺りはいずれ別の機会に・・・。

ちなみに、北米では注文住宅を建てるのはごく一部の富裕層だけで、ほとんどが建売住宅です。

日本の建売住宅はと言えば
下の写真のような状況が一般的ですね。

日本の住宅地(建売住宅)の街並み

不動産業者が販売価格を決めて、
その価格に合うよう土地を分割して、
できるだけ安く家を建てるだけ・・・。

正直、私はあまりこんな所に住みたくはありません。
日本の不動産業者は、購入者の資産価値なんて全く考慮していないのです。


では、これから日本で住宅を取得しなければならない我々はどうしたら良いのでしょう。

残念ながら個人の力ではどうする事もできません。

ただ、少なくとも
注文住宅を建てるのであれば、「まことちゃんハウス」のような家だけは建てないでください。

「まことちゃんハウス」とは何か?
それは次回お話しいたします。


posted by ポラリス at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

杭工事のデータ改ざん 戸建て住宅でも有り得るんです



横浜のマンション傾斜・・・大問題になっていますね。
住人の方には、本当にお気の毒だと思います。

傾斜の原因は杭工事の欠陥で、その工事をしたのが旭化成建材という事から親会社の旭化成の株価が大きく下がっているようです
旭化成は株主向けに次のようなコメントを出しています。

旭化成建材(株)の施工物件における施工不具合および杭工事施工報告書のデータの転用・加筆について


先月は、このブログでも紹介しましたが、
鬼怒川の決壊で流されずに残った家がへーベルハウスだったという事で旭化成の株価が大きく値を上げました。

鬼怒川の決壊 へーベルハウスの建物が・・・


中には、旭化成は鬼怒川の決壊では流されず、
横浜のマンションでは改ざんが世に流れてしまった

と揶揄する人もいます。


なぜ、データを改ざんしてしまったのでしょうか?

それは下のような構図になっているからです。


■販売会社・・・初めに販売価格と販売時期を決定
         施工会社へ工期と建築費の厳守を強要
 ↓
■施工会社・・・利益だけ取って下請会社に工事を丸投げ

 ↓
■下請会社・・・少ない請負金額の中で無理やり利益を確保
         さらに少ない金額で孫請けに工事を発注
 ↓
■孫請会社・・・全てのしわ寄せが担当者に
         確実な施工より納期と利益が最優先

今回のデータ改ざんをした旭化成建材は、孫請会社でした。

旭化成建材の社長のコメントではデータを改ざんした担当者の責任だというような口ぶりですが、本当に担当者が悪いのでしょうか?

担当者にしてみたら、
・工事費のアップは認められない。
・工期の延長は認められない。
・会社からは利益の確保を要求される。


そんな中、予想よりも長い杭が必要になってしまった・・・。


実は戸建て住宅でも、大手ハウスメーカーは同じような構図になっています。

大手ハウスメーカーは販売するだけで、工事は下請けの施工会社に丸投げします。
施工会社は更に下請けの地元工務店に丸投げをします。

実はあまり表沙汰になっていないだけで、様々なデータ改ざんや施工不良の話しが沢山あります。

ちなみに旭化成のへーベルハウスについて、
建築士の岩山健一さんがブログで糾弾しています。

こちらです↓
http://ameblo.jp/jikenbo100/entry-12060261001.html




posted by ポラリス at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

琳派展、見てきました。実はクリムトも琳派?


芸術の秋という事で、
京都国立博物館で開催されている
「琳派(りんぱ)京を彩る」の特別展覧会を見てきました。

京都国立博物館の琳派の展覧会

・・・もう、本当に感動しました。

実は私、昔から琳派の絵師が大好きなんです。
以前、このブログでも琳派の元祖となる俵屋宗達の絵を見に行った事を紹介しました。

こちら↓
養源院で俵屋宗達の象の図を見てきました


ここでは、クリムトも琳派だというお話を・・・。


グスタフ・クリムトは20世紀初頭に活躍したオーストリアの画家で、こちらは一度はご覧になった事があるでしょう。代表作の一つ「接吻」

接吻(グスタフ・クリムト)

日本では女性を中心にクリムトを好きな人が沢山いますね。

実はこのクリムトより200年前、18世紀初頭の日本で活躍した絵師、尾形光琳に強く影響を受けて独特な画風が産まれました。

こちらが尾形光琳の代表作「紅白梅図屏風」

紅白梅図屏風(尾形光琳)

この絵は以前、熱海のMOA美術館に見に行きました。
(今回の琳派展では展示されていません)

そして、この尾形光琳が強く憧れた絵師が俵屋宗達でした。

ただ、俵屋宗達は今から400年前の17世紀初頭に活躍した絵師で、
尾形光琳より100年前の人ですから、
光琳が宗達から直接、手ほどきを受けたような事はなく、
師弟関係で画法を伝承されたという事もありません。
でも光琳は宗達が描いた、皆さんご存知の風神雷神図を模写して、
その画法を学んだのでした。

風神雷神図(俵屋宗達)

そして尾形光琳から100年後に活躍した酒井抱一は
尾形光琳に憧れ、やはり風神雷神図を模写して画法を学びました。


俵屋宗達→尾形光琳→酒井抱一
という流れと、彼らに近しい絵師たちは
影響を受け合って似たような表現手法を用いていたので、
後の美術評論家が便宜上「琳派」と名付けたのでした。

という事は、尾形光琳の影響を受けたクリムトも
琳派なのではないかと、私は勝手に思っているのでした。

・・・お粗末でした。

続きを読む
posted by ポラリス at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

セルロースファイバーで断熱工事をしました


現在、工事中の城陽市I様邸は
断熱材にセルロースファイバーを採用しました。

セルロースファイバーで断熱工事をした京都府城陽市のI様邸

セルロースファイバーは新聞紙のリサイクル品で、
製造過程で発生するCO2の排出量が非常に少なく
エコロジーな断熱材です。

セルロースファイバー
画像は(株)デコスのHPより


セルロースファイバーの断熱性能は
熱伝導率が0.040W/(m・K)なので
最も一般的に使われている
高性能グラスウール(16K)やロックウールとほぼ同等です。

最も大きな特徴は調湿性

セルロースファイバー以外の断熱材は調湿機能はありません。
セルロースファイバーが調湿をする事で、
建物の寿命を延ばす事にもなりますし、
内装の仕上げにビニールクロスではなく
通気性のあるクロスなどを使えば
室内も調湿され、快適性のアップにつながるでしょう。

下はセルロースファイバーの施工を撮影した動画です。



施工した後は、部屋の中にいるとシーンとした感じがします。
吸音効果が高いという事ですね。


一般的にグラスウールやロックウールの施工は大工さんがします。
ですから、大工さんの腕によって断熱効果が左右されるという欠点があります。

しかし、セルロースファイバーは専門業者が施工するので、その心配はありません。

ただし、ひじょうに高価です。
例えばグラスウールでの施工が30万円ぐらいだとしたら、
それをセルロースファイバーに仕様変更すると、
100万円を超える金額になるでしょう。

もし、予算的になんとかなりそうでしたら
一考してもいいかも知れませんね。


posted by ポラリス at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

私の会社は8期目に お祝いにフレンチレストランで食事を・・・。


実は10月1日が私の会社の創立記念日で、8期目がスタートしました。
あっという間の7年間でした。

創立記念日を祝って妻と娘を連れて食事に・・・。
高校生の息子は学校があるので、可哀そうですが・・・。

平安神宮の近くにあるコムシコムサという小さなフレンチレストラン。

フレンチレストランのコムシモムサの入り口

豪華な食材は出てきませんが、今まであまり食べたことが無いような味付けや食材の組合せが楽しめます。
下の写真に写っているのは、サフランライスの上に締め秋刀魚が載っている料理で、なかなかいけました。

フレンチレストランのコムシモムサでランチ

メイン料理は鹿肉です。

フレンチレストランのコムシモムサの鹿肉

柔らかくて、とても美味しかったですよ。

さて、8期目も家づくりをする人のために頑張っていきましょう。

posted by ポラリス at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

日本の住宅の寿命が30年なのはなぜ?


今から8年前に読んだ日経BPの記事ですが、
つい最近、チョッとした事から再び目にする機会がありました。

それがこちら
三澤千代治、200年住宅への新たな挑戦


三澤千代治さんはミサワホームの創業者。
記事では三澤千代治さんが
すでにハウスメーカーが時代遅れになって社会に不要だと言っています。

ひじょうに頷けます。

日本の住宅の寿命が30年しかない原因の事や
原価は安いのに販売経費や広告宣伝費が掛かり過ぎている事など

・・・でもそれは三澤千代治さんが作った仕組みなんですけどね。


2003年、ミサワホームが経営不振に陥り、
三澤千代治氏は経営責任を問われ、辞めさせられました。

その後、HABITAを立ち上げ、
3年後には上場するとしていたのですが、
既に8年経ったものの未だに上場していません。

200年の耐久性、地産地消などなど
私も大賛成ですが
あまり思っていたような成果を上げられていないようです。

それはなぜか?

下の写真は築7年のHABITAです。

HABITAの家

どう思われます?

築7年にしては古びたように感じるのですが・・・。

ちなみに下の写真は
このHABITAの家の向かい側の家で、同じく築7年の家です。

ポラリスの家

実はこのお宅、弊社が手掛けた家です。

なぜ日本の住宅の寿命が30年しかないのか?
その最大の理由は陳腐化です。

築30年の家を想像してみてください。

外観デザインは・・・?

薄汚れているでしょうし、
今見るととても魅力的とは言えないでしょうね。

間取りは・・・?

今では最も一般的な対面キッチンですが、30年前は少数派でした。
あちこちに段差があって、バリアフリーにはなっていません。
今よりも細かく部屋が仕切られ、閉塞感があるでしょう。

温熱環境は・・・?

せいぜい、50ミリ厚のグラスウール程度の断熱で、
下手したら、断熱材が入っていないかも知れません。
窓はペアガラスですらありませんし、
冬は寒く、夏暑いのは間違いないでしょう。

耐震性は・・・?

阪神大震災以降、強化されましたが、
それより前ですから、あまり期待できません。

他にも挙げたらキリがないです。

結局、陳腐化し魅力のなくなった家は
建て替えられてしまう事になってしまいます。

今の日本の住宅状況においては
耐久性の向上が住宅の寿命を長くする訳ではありません。

それよりも、未来を先取りする方がずっと有効です。

もし、建築時点のトレンドよりも10年先取りした家であれば寿命は40年に、
20年先取りする事ができれば寿命は50年になります。

これから家を建てるご計画がある方は、
その辺りもご一考いただいてはいかがでしょうか。
posted by ポラリス at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

東大というラーメン屋 生卵が無料で食べ放題


なんと生卵が食べ放題のラーメン屋です。

ラーメンの東大の生卵

今日は住宅の写真を撮るために外出。
ランチはちょうど前を通りかかったので、東大というラーメン屋で・・・。
2年ほど前、京都南インターの近くにできて、以前から気になっていました。
どうやら徳島では有名なラーメン屋らしい。

ラーメンの東大

ラーメンの東大

味は甘辛い醤油味。すき焼きみたいな味と言ったら良いでしょうか。チョッと濃い味ですが、生卵を2個入れるとちょうど良い味になり、美味しかったです。
東大というのは、ラーメン界の東京大学(NO.1)を目指すという事らしいです。

posted by ポラリス at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする