最近の記事

2016年03月24日

奈良市のS様邸が上棟しました



奈良市で工事中のS様邸が上棟しました。

上棟した奈良市のS様邸

上棟した詳細の写真をこちらでご覧いただけます。
(写真をクリックすると拡大されます)

既に補強金物は取付が完了し、
外壁には合板が張られています。

合板は釘止めにはピッチが規定されていて、
合板の外周部は10センチ間隔、
中央部は20センチ間隔で施工することになっています。

詳細の写真をご覧いただくとお分かりの通り、
規定通りに施工されています。

また、屋根にはアスファルトルーフィング(防水シート)が敷かれていて、
重要なのは壁と屋根が交わる箇所です。
この箇所は壁に沿って25センチ以上立ち上げる事になっています。

詳細写真では40センチ以上立ち上げられていますし、
綺麗に施工されているので申し分ありません。

毎週、現場に足を運んで
こんな感じで、施工状況をチェックしています。


タグ:奈良 上棟
posted by ポラリス at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

京都府宇治市N様が工務店面談をされました



京都府宇治市で新築をご計画のNさんが工務店面談をされました。

動画長さ 5分00秒



競争入札へは9社がエントリー。

その中から3社をお選びになり
各社の社長と面談されました。


NさんはIT関連の会社を経営されていますが、
十数年前まで建築会社にお勤めで、
主にマンション建築の現場監督をされていました。

建築士のライセンスもお持ちです。

さすがに各社の提出する見積書を見る目も厳しいです。

元建築のプロの方から
弊社の住宅CMサービスにご用命いただき
うれしい限りです。

posted by ポラリス at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

三世代同居支援で少子化対策?・・・意味不明です



知ってますか?
三世代で同居するための家を建てると
国から最大130万円の補助金が出ます。

三世代同居を促進すれば出生率が上がり、
少子化対策に有効という事で
150億円の予算が充てられる事になっています。

三世代同居支援
(上の図はこの政策に異議を唱えている衆議院の玉木雄一郎議員のブログより拝借しました)


正直、私のような住宅建築に携わる者にとっては
ありがたい政策ではありますが、
少子化対策には全く貢献しそうにありません。

補助金を受ける要件は
キッチン、トイレ、浴室、玄関の内、2つ以上をそれぞれ複数設置する事と木造である事。


ただし、実際に三世代で同居するかどうかは問われないのです。

これって、どう考えても変ですよね。

例えばトイレを2つ付けて、キッチンも2つ・・・という家を建てれば130万円の補助金がもらえます。

経済的に裕福な人でしたら、三世代で住まなくても、キッチンを複数、あるいは浴室を複数なんて家を建てます。
実際に私も富裕層のそんな家を何件か建てた事があります。

結局、お金持ちに優遇して、建築業者を儲けさせるだけですよね。

それになぜ木造なのか?
・・・理由がわかりません。
地元の中小工務店を対象とした経済対策という事なのでしょうか。


私が思いますに、
三世代同居の促進より待機児童対策に税金を注ぎ込むべきです。

皆さんもよくご存じでしょう
「保育園落ちた日本死ね」という書き込み。胸にグサッと刺さります。

先日、この事を国会の予算委員会で
民主党の山尾しおり議員が取り上げました。

それに対し、安倍首相は「匿名である以上、実際本当に起こっているか、確認しようがない」との答弁。
しかも与党から「やめろ、やめろ」」「誰が書いたんだよ」「ちゃんと(書いた)本人を出せ」というようなヤジが飛ぶ有り様です。

匿名かどうか、誰が書いたのかわからないなんて事は全く論点が違いますよね。


子供の貧困対策の児童扶養手当として28億円の予算が充てられていますが、一方で、三世代同居支援政策には150億円。

こんな無駄な事に税金を使うのではなく、保育園や貧困の問題の方に財源を振り分けて欲しいものです。

posted by ポラリス at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

奈良市のS様邸は擁壁工事が完了しました

昨年12月に地鎮祭をした奈良市のS様邸は
擁壁工事が完了しました。

奈良市S様邸の擁壁工事

敷地は道路との高低差があるので
ガレージ部分に擁壁工事が必要です。

先週、コンクリートを流し、5日間超の養生期間を取って
本日、型枠を外しました。

この後は、擁壁周りの土を埋め戻して
地盤改良をすることになります。

タグ:奈良 擁壁 工事
posted by ポラリス at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

アエラホームから弊社HPへクレームが来ました



弊社のホームページでは
色々なハウスメーカーを取材した記事を掲載しています。

その中にアエラホームの記事もあります。
こちらです。
→ アエラホームの評判・評価・価格


これに対し、アエラホームから
レターパックでクレームが届きました。

アエラホームから送られてきた業務妨害と名誉棄損を訴えるクレームの書類

クレームの内容は、
記事の中にアエラホームへの業務妨害と名誉毀損に当たる箇所があるので、削除するようにという事でしたが、アエラホームに対し非常に疑問を感じます。

例えば「食べログ」などで、
「値段の割に味は今一つでした」という口コミを投稿し、星を一つしか付けなかったら、その店に対する業務妨害と名誉毀損になるのでしょうか?

むしろ、店側は良い口コミを投稿してもらえるように努力するのが本筋です。
それなのに店側がその悪い口コミに対し、投稿者へ削除するように圧力をかけるというのは問題だと思うのですが・・・。


業務妨害と名誉棄損を訴えるアエラホームからの書類には
代表取締役である中島秀行氏の名前が記載され、
代表者印が捺印されていて、印鑑証明書が同封されていました。

アエラホームの社長から、直々の訴えだと言いたいようです。

しかし、それだけ格付けされた書類であるにもかかわらず、
内容証明郵便ではなく、レターライトパックで送られてきました。

なんか、ちぐはぐな気がするのですが、
・・・でも考えてみれば、弊社を脅すための書類なので、
逆に内容を証明されては、アエラホームにとって都合が悪いですね。


こんな形で、脅して圧力を掛けるのではなく、
普通に相談してくれれば、弊社もちゃんと対応するのですが・・・。


posted by ポラリス at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

奈良市S様邸の地鎮祭、変わった名前の神社でした


先週末、奈良市のS様邸で地鎮祭でした。

奈良市S様邸の地鎮祭は添御県坐神社で

地鎮祭をお願いした神社ですが、
その名前が
添御県坐神社 (そうのみあがたにいます じんじゃ)


奈良市富雄にある神社なのですが、
1100年以上の歴史があるとのこと。

神社の名前の意味は

「大和の国の添群(奈良県北部)に設置された
 御県(朝廷の直轄地)に鎮座する神社」

という事だそうで、
ただ単に場所の説明をした名前なんですね。

地鎮祭も一部変わっているところがあって、
祝詞奏上の後、
その土地の神様へ唱える詞のような儀式がありました。

それ以外はいつも通りでした。

そういえば弊社のサイトでは
地鎮祭について解説したページがあります。

過去に地鎮祭を経験したという人は少ないと思いますので
慌てる事のないように、
どんな準備をして、式がどのように行われるのか、
ご参考にしてください。

→ 地鎮祭の玉串料、初穂料・表書き・費用




タグ:地鎮祭 奈良
posted by ポラリス at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

人生2回目の住宅建築をCMサービスで・・・滋賀県大津市S様邸



昨日(11/28)、店舗併用住宅のお引渡しがありました。

施主のSさんは今回で2回目の住宅建築になります。

今回、住宅CMサービスをご利用になられたご感想を
インタビューしてきました。


(動画長さ:3分34秒)



施主のSさんは、10年前にご自宅を某大手ハウスメーカーで新築されました。

そのハウスメーカーに不満があるという訳ではありません。

ただ、今回は住宅CMサービスをご利用になり、
大手とは違う木目細かな対応に、大変お喜びになっておられます。

動画をご覧いただければ、
Sさんがとてもご満足だという事が伺えるでしょう。

このインタビューは(今回だけではなく、いつもそうですが)
予め台本を用意していたり、
金銭的なお礼というような事は一切しておりません。

本当に生の声です。


posted by ポラリス at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

ハウスメーカーのS社が恩を仇で返しました



私がYouTubeにアップしている動画をご覧になった方から
ご相談の電話がありました。

その動画はこちらです。

→ ハウスメーカー欠陥住宅の実例Vol.1
  (動画長さ8分34秒)
→ ハウスメーカー欠陥住宅の実例Vol.2
  (動画長さ9分03秒)



ご相談者を「Aさん」とします。

Aさんは80歳で長野県在住です。
駐車場を月極めで貸して収益を得ています。

その駐車場の隣地で建替え工事が行われ、
その工事をしたのが大手ハウスメーカーのS社です。

この記事をご覧になっている方だけにはお教えします。
実はこちらのハウスメーカーです。

ある日、S社から
ブロック塀の工事をしたいので
敷地境界からAさん側の10センチ程を掘削させて欲しい
という申し出があり、Aさんは快く承諾しました。

Aさんの敷地は、駐車場にしている事もあり、
厚さ4センチのアスファルト敷きになっています。

そのアスファルトに
敷地境界から10センチの所でカッターを入れるので、
そのカッターの跡は残るものの、
ちゃんとアスファルトで復旧してくれるという事でした。

ところが、工事が終わってしばらくすると、
復旧したアスファルトが次第に凸凹になってきて、
剥がれてきた箇所もありました。

その剥がれた所を見ると
復旧したアスファルトの厚さが
1センチしかない
事が分かりました。

そこでS社に対し、
元の4センチの厚さで復旧し直して欲しいと訴えたのですが、
全く相手にしてもらえず、
仕方なく、何ヶ月にも渡って訴え続けたところ、
S社の顧問弁護士から封書が送られてきて、
「今後、その弁護士が窓口になるので
 S社には直接連絡をしないように
という通達がありました。

・・・で、どうしたら良いのかというご相談です。


この場合、Aさんが訴えるよりも
S社で建替えをしたお隣さんからS社に訴えてもらう方が
まだ良いかとは思いますが、
それでもやはり、取り合ってはくれないでしょうね。

法的措置に訴えるにしても、
復旧工事をやり直す工事費はせいぜい10〜20万円まで。
そのために、こちらも弁護士を立てて訴訟を起こす・・・
そんな労力を使うのであれば、自腹を切って復旧工事をする方がマシです。

実はこうなってしまうと、泣き寝入りするしかありません。

敷地内を掘削させてあげたのに、
その善意に対し仇で返されて、本当に気の毒な話ですが、
実は、そこらじゅうで似たような事が起こっています。

もしこれが、地元で堅実にやっている工務店であれば、
直ぐに対応してくれるんですけどね。


posted by ポラリス at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

シーリングファンで室内の温度差を無くして快適生活



そろそろ紅葉も見ごろになり、日に日に気温も下がってきました。

これから迎える冬を快適に過ごすためには
室内の温度差をできるだけ少なくする事が大切です。

最近では冬でも扇風機やサーキュレーターが売られていて
室内の空気を撹拌させて、
温度差を少なくしようとする人が増えてきました。

もし、これから新築やリフォームをするのであれば、
シーリングファンの取付けを検討してみても良いかも知れませんね。

今工事中のI様邸は電気設備工事の最中で、
私が現場視察に行った時には
リビングの天井にシーリングファンが取り付けられていました。

シーリングファンを取り付けた京都府城陽市のI様邸

シーリングファンは天井付近の空気を床に下し
部屋の上下の温度差を少なくさせるのが目的で、
最近はリビングなどが吹抜けになっているお宅などで、
よく採用されています。

ただ、たまに間違った使い方をしている場合があるので
ちょっとご紹介しておきますね。

天井付近の空気を下す訳ですから、
下の図のようにしてしまいがちです。

シーリングファンの夏の運転の仕方

実はこれは夏場の使い方です。

冬場にこのようにしてしまうと、
シーリングファンの風が直接当たって、寒さを感じてしまいます。

シーリングファンのボタンには
正転と反転があり、冬場は反転にします。

すると、下の図のように
直接風が当たらないので快適です。

シーリングファンの冬の運転の仕方

せっかくシーリングファンを付けたのに
今一つ快適じゃないという方は
使い方を間違っている事が多々あります。

これまでに、弊社の住宅CMサービスを利用された方で、
シーリングファンを採用された方が何組かいらっしゃいます。

家の様子を動画でご案内していますので
どんな感じになるか、ご参考にしてください。

→ K.K様邸 玄関からキッチンへ直行できる家


→ A.Y様邸 床下を暖房して快適な家


→ Y.T様邸 自然素材にこだわった家




posted by ポラリス at 11:41| Comment(1) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

消費税増税に間に合わせる注文住宅のスケジュール


ご存じの通り、2017年(平成29年)4月に消費税
現行の8%から10%へ増税されます。

できれば増税される前に
住宅を取得したいと思われる方も多い事と思います。

ただ、注意して頂きたい事があります

スーパーやコンビニで買い物をする場合、
原則、2017年4月1日の午前0時を過ぎた時点で、
新税率の10%で支払わなければなりません。

・・・分かりやすいですね。


ところが、注文住宅のような請負契約の場合は違います。

減税率の8%が適用されるためには
2つのパターンがあります。
それが下の図です。

注文住宅の消費増税に間に合う時期

【パターン1】

これが基本のパターンです。
2017年3月31日までに新築した家が完成し
引き渡されている事


【パターン2】

経過措置が設けられています。
増税の半年前(2016年9月30日)までに
建築会社と請負契約を締結していれば、
家の引渡しが4月1日以降になっても
税率は8%のままです。

続きを読む
posted by ポラリス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする