最近の記事

2017年01月11日

資金計画〜実際にコンサルティングを受けての感想


これまで、3回にわたり
資金計画についての解説を
ホームページで動画を使ってご案内してきましたが、
今回が最後になります。

実際に資金計画のコンサルティングを受けた方に
インタビューをしました。

client02.jpg

詳しくはこちらをご覧ください
資金計画で人生を楽しく
(実際にコンサルティングを受けての感想)


続きを読む
posted by ポラリス at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

資金計画〜一生涯のお金の動きをコントロール



先日は、ライフプランを作成するために
どんな資料が必要なのかを解説しました。

その資料を基に
キャッシュフローを作成します。

キャッシュフロー

詳しくはこちらをご覧ください
資金計画で人生を楽しく
(一生涯のお金の動きをコントロール)

続きを読む
posted by ポラリス at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

資金計画〜ライフプラン作成の準備



先日アップした
「住宅取得の前にライフプランを」の続き、
「ライフプラン作成の準備」をアップしました。


こちらをクリック↓
資金計画で人生を楽しく
(ライフプラン作成の準備)


ライフプラン作成に必要な資料

続きを読む
posted by ポラリス at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

2016年09月05日

実例ギャラリー【注文住宅の間取り】を開設しました


ホームページに
実例ギャラリー【注文住宅の間取り】を開設しました。
http://www.polaris-hs.jp/gallery/index.html

弊社で手掛けた注文住宅の中から
間取りと、実際の写真や動画を紹介しています。

現在アップしてあるのは次の7件。


収納充実と床下暖房で快適の家
http://www.polaris-hs.jp/gallery/storage01.html

玄関からキッチンへ直行できる家
http://www.polaris-hs.jp/gallery/kitchen01.html

2階にLDKがある家
http://www.polaris-hs.jp/gallery/ldk_2f.html

LDKを分離した二世帯住宅
http://www.polaris-hs.jp/gallery/generations01.html

回遊性のある動線の家
http://www.polaris-hs.jp/gallery/kaiyu01.html

狭いのに明るく広く感じる家
http://www.polaris-hs.jp/gallery/narrow01.html

廊下の無い省スペースの家
http://www.polaris-hs.jp/gallery/routeless01.html


間取りを作る際にご参考になれば幸いです。

タグ:間取り 実例
posted by ポラリス at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

網戸の張り替え方を紹介するページを作りました


ポラリスのホームページに
「網戸のメンテナンス/網の種類」というページを追加しました。

網戸張り替えのコツを紹介するページ

動画にて、網戸の張り替え方の実演をして、
分かりやすく解説しています。

実演だけではなく、実際にホームセンターへ行って、
網などの材料や工具の選び方もご紹介しているので、
初めて張り替えをする人もこの動画を見れば大丈夫。

最近の網には
屋内側が黒で、外側がシルバーというものがあり、
この網を張ると、家の中からは外がスッキリ見えて
外からは部屋の中が見えにくいという効果があります。

ぜひ一度、動画をご覧ください。

こちらです↓
http://www.polaris-hs.jp/kaiteki/amido.html

ちなみにYouTubeのアドレスはこちら↓
https://youtu.be/jrNtOKXQPFw


posted by ポラリス at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

断熱材を比較するページを作成しました



先月、スマホに対応できるようになった
当社のホームページですが、
断熱材を比較するページを追加しました。


こちらです
→ 住宅の断熱材を比較【種類・価格・特徴】

このページから
断熱材だけではなく
色々な断熱工法を比較するページにもリンクを張ってありますので、
住宅の断熱についての知識が得られます。

できるだけ図や動画を使って
分かりやすいように配慮して作ったつもりです。

タグ:断熱材 住宅
posted by ポラリス at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

シーリングファンで室内の温度差を無くして快適生活



そろそろ紅葉も見ごろになり、日に日に気温も下がってきました。

これから迎える冬を快適に過ごすためには
室内の温度差をできるだけ少なくする事が大切です。

最近では冬でも扇風機やサーキュレーターが売られていて
室内の空気を撹拌させて、
温度差を少なくしようとする人が増えてきました。

もし、これから新築やリフォームをするのであれば、
シーリングファンの取付けを検討してみても良いかも知れませんね。

今工事中のI様邸は電気設備工事の最中で、
私が現場視察に行った時には
リビングの天井にシーリングファンが取り付けられていました。

シーリングファンを取り付けた京都府城陽市のI様邸

シーリングファンは天井付近の空気を床に下し
部屋の上下の温度差を少なくさせるのが目的で、
最近はリビングなどが吹抜けになっているお宅などで、
よく採用されています。

ただ、たまに間違った使い方をしている場合があるので
ちょっとご紹介しておきますね。

天井付近の空気を下す訳ですから、
下の図のようにしてしまいがちです。

シーリングファンの夏の運転の仕方

実はこれは夏場の使い方です。

冬場にこのようにしてしまうと、
シーリングファンの風が直接当たって、寒さを感じてしまいます。

シーリングファンのボタンには
正転と反転があり、冬場は反転にします。

すると、下の図のように
直接風が当たらないので快適です。

シーリングファンの冬の運転の仕方

せっかくシーリングファンを付けたのに
今一つ快適じゃないという方は
使い方を間違っている事が多々あります。

これまでに、弊社の住宅CMサービスを利用された方で、
シーリングファンを採用された方が何組かいらっしゃいます。

家の様子を動画でご案内していますので
どんな感じになるか、ご参考にしてください。

→ K.K様邸 玄関からキッチンへ直行できる家


→ A.Y様邸 床下を暖房して快適な家


→ Y.T様邸 自然素材にこだわった家




posted by ポラリス at 11:41| Comment(1) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

消費税増税に間に合わせる注文住宅のスケジュール


ご存じの通り、2017年(平成29年)4月に消費税
現行の8%から10%へ増税されます。

できれば増税される前に
住宅を取得したいと思われる方も多い事と思います。

ただ、注意して頂きたい事があります

スーパーやコンビニで買い物をする場合、
原則、2017年4月1日の午前0時を過ぎた時点で、
新税率の10%で支払わなければなりません。

・・・分かりやすいですね。


ところが、注文住宅のような請負契約の場合は違います。

減税率の8%が適用されるためには
2つのパターンがあります。
それが下の図です。

注文住宅の消費増税に間に合う時期

【パターン1】

これが基本のパターンです。
2017年3月31日までに新築した家が完成し
引き渡されている事


【パターン2】

経過措置が設けられています。
増税の半年前(2016年9月30日)までに
建築会社と請負契約を締結していれば、
家の引渡しが4月1日以降になっても
税率は8%のままです。

続きを読む
posted by ポラリス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

2階リビングの家 Sさんが工務店と請負契約



9月に競争入札をしたSさんが
工務店と請負契約を交わされました。

2階リビングの家でSさんが工務店と請負契約

S様邸はLDKが2階にあるプランになっています。

競争入札の際に作成したプランでは1階にLDKがありました。
しかし、工務店と打合せを重ねていく中で現在のプランになりました。


2階リビングの場合、
最大のメリットは何といっても明るさです。

リビングの明るさを最優先で考えている人には、ぜひお勧めします。


また、リビングはできるだけ広く取るのが通例ですから、
1階にLDKがあると、1階の壁の量が少なくなってしまいます。

ですから、2階にLDKがある方が建物の構造的にも有利です。


他に動線としてのメリットも出てきます。

例えば仕事から家に帰ってきた時に、

・玄関
 ↓
・1階の個室 コートやスーツを脱ぎ、ラフな服に着替え
 ↓
・2階のリビング

といった具合にスムーズな動線になります。

小学生のお子さんがいると、1階リビングの場合、
学校から帰ってきて、ランドセルをリビングに置いたまま
ダイニングでおやつを食べたり、
外へ遊びに行ってしまったりする訳ですが、
そんな状況にはならないでしょう。


2階リビングには色々なメリットがある一方、
デメリットも出てきます

夕食の買い物から帰ってきた時は、
重たい荷物を持って、階段を昇ってからキッチンへ・・・。

宅配便が来た時の事を想像してみてください。

リビングで寛いでいる時にインターホンが鳴り、
「宅配便でーす」

階段を降りて荷物を受け取り、
荷物を持って、再び階段を昇ってリビングへ・・・。

お子さんが学校から帰ってきた時も、
玄関のカギを開けるために・・・。


2階リビングは確実に階段を昇り降りする回数が増えます

若い時はまだ良いかも知れませんが、
さすがに年齢を重ねていくと、次第に辛くなってきます。


そこでS様邸の場合は、
将来、エレベータを設置できるような間取りにしてあります。


おそらく、新築をご計画の方の中には
2階リビングをお考えになる方も多いと思います。

採用される場合はデメリットの事もよく検討しましょう。

posted by ポラリス at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

「まことちゃんハウス」は何が悪いのか?


「まことちゃんハウス」というのは
2008年に吉祥寺で建築された漫画家の楳図かずお氏の自宅です。

TOKYO MX のニュース映像↓
(2008年3月17日)



赤白のストライプの外壁。
屋根には顔を模したデザインの物見塔。

ちなみにこの家の工事を請負ったのは住友林業でした。


近隣住民はこの住宅が景観破壊であるとして、
外観の変更を求めて訴訟を起こしました。

・・・で、東京地裁は「景観の調和を乱すとまでは認められない」と判断。
原告側の主張を全面的に退ける判決となりました。

吉祥寺のこの辺りは第一種低層住居専用地域という閑静な住宅地を目指す地域ではあるものの、この様な住宅のデザインを規制する法律も、地域の規定もありませんし、判決としては妥当だと思います。

妥当だとは思いますが、「自分の土地に自分の好きな家を自由に建てて構わない」と裁判所がお墨付きを与えてしまった感じがします。

ネット上は概ね、楳図かずお氏の勝訴を歓迎し、訴えた近隣住民を非難する論調になっています。

しかし、私はどう見ても「まことちゃんハウス」は景観破壊だと思います。

先日、このブログでも書きましたが
日本以外の先進諸国では街並みの景観が大切にされています。

それは単に綺麗な街並みの方が精神的に良いから
という事だけではなく、
個人の資産価値の形成に直結する話だからです。


例えば下の写真は「まことちゃんハウス」の最寄駅、
吉祥寺駅の駅前です。
日本ではよく見かける風景ですね。

どの店も好き勝手にしているので、こんな状況になります。

吉祥寺駅前の風景

ここで飲食したり買い物をしたりする人は
吉祥寺に住む人か仕事をしている人でしょうね。

そうでない人が、わざわざ行きたいとは思いませんね。


一方、下はシアトルの繁華街

シアトルの繁華街の風景

ここに集まるのはシアトルの人だけではありません。
数年前、私も日本から行って、この辺りをブラブラしてきました。

余談ですが、あのスターバックスの1号店もこの辺りにあるんですよ。


上の吉祥寺とシアトルの写真を比べて、
どちらの方が、資産価値が高いと思われますか?


建物の外観は景観の一部を形成しますので、
地域の共有財産です。

インテリアは個人の好みで、いくらでも好きなようにすれば良いでしょう。
しかし、外観は個人が全く自由に個性を主張できるというものではありません

これから家を建てる方は、ぜひその辺りをご考慮頂ければと思います。


posted by ポラリス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

コーキングレスのサイディング工事が完了


本日は毎週恒例の工事現場の視察の日。

城陽市のI様邸はちょうど外壁工事が完了したところで、
その出来栄えを確認しようと思って見てみると、
・・・あれ、コーキングの跡が無い。

コーキングレスのサイディング

昨年末ごろに、住宅の業界誌で紹介されていましたが、
コーキングレスのサイディングを実際、目にしたのはこれが初めてです。

これまでの一般的なサイディングは、上下の2方が合いじゃくりになっていて、両サイドの2方はコーキングで処理するようになっていました。

しかし、コーキングレスのサイディングは4方が合いじゃくりになっていて、コーキングの必要がありません。
ただ、いつもより外壁工事の工期が2〜3日ぐらい長かったような気がします。新しい商品なので職人さんが慣れていないからかも知れませんが。

これまでサイディングのコーキング部は最大の弱点でした。
劣化しやすいので、十数年もすると打ち替えなければならず、そのメンテナンス費用はばかになりませんでした。

しかし、これならその必要がなく、経済的ですね。
見た目も綺麗ですし・・・。

現時点で、大手では次の2社がコーキングレスの商品を発売しています。

旭トステム外装

ニチハ

KMEWは今のところ高耐久のコーキング材で対応しています


こうして実物を目にして思いましたが、
どうやら、これからはコーキングレスですね。
商品ラインナップもドンドン充実していく事でしょう。

posted by ポラリス at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

続・日本の住宅の寿命が30年なのはなぜ?



先日のブログで、

なぜ日本の住宅の寿命が30年しかないのか?
その最大の理由は陳腐化だと書きました。

ミサワホームの創業者、三澤千代治さんが言うように、耐久性を向上させれば住宅の寿命が永くなるのかと言えば、そんな簡単な事ではありません。

海外の事情はどうなっているのでしょうか?
主な先進諸国の住宅寿命は、

•イギリス:141年
•アメリカ:103年
•フランス:86年
•ドイツ:79年

となっています。
どの国も日本と同じように木造住宅がメインです。


下の写真は北米の一般的な庶民の住宅地です。
バンクーバー郊外で撮影した写真です。

北米のバンクーバー郊外の街並み

一方、下の写真はどこでも見かけますよね・・・。
日本の一般的な住宅地です。

日本の住宅地の街並み

いかがでしょうか? どちらが魅力的ですか?
・・・一目瞭然です。直感的に分かりますね。


ともかく、日本と違って北米では街並みが重要視されているのです。

流行に左右されない伝統的なデザイン様式で統一されていて、
街並みが陳腐化する事がなく、いつまでも魅力が失われません。

ですから、そこに住みたいと思う人が沢山現れ、
家を売りに出せば買った時と同じか、うまくいけば高値で売れる事もあります。

北米の人は自分のライフサイクルの変化に応じて住み替えをします。
皆、次に住み替える際には、できるだけ高値で売りたいので積極的にメンテナンスし、家は綺麗に保たれ、更には街並みの美しさも保たれます。

つまり、北米では家の資産価値を保つシステムができているので、
日本のように、築30年やそこらで建て替えるような事は無く、
103年もの住宅寿命となっているのです。

※イギリスは北米とはまた違った特殊なシステムによって
 住宅の長寿命を実現しています。
 その辺りはいずれ別の機会に・・・。

ちなみに、北米では注文住宅を建てるのはごく一部の富裕層だけで、ほとんどが建売住宅です。

日本の建売住宅はと言えば
下の写真のような状況が一般的ですね。

日本の住宅地(建売住宅)の街並み

不動産業者が販売価格を決めて、
その価格に合うよう土地を分割して、
できるだけ安く家を建てるだけ・・・。

正直、私はあまりこんな所に住みたくはありません。
日本の不動産業者は、購入者の資産価値なんて全く考慮していないのです。


では、これから日本で住宅を取得しなければならない我々はどうしたら良いのでしょう。

残念ながら個人の力ではどうする事もできません。

ただ、少なくとも
注文住宅を建てるのであれば、「まことちゃんハウス」のような家だけは建てないでください。

「まことちゃんハウス」とは何か?
それは次回お話しいたします。


posted by ポラリス at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

日本の住宅の寿命が30年なのはなぜ?


今から8年前に読んだ日経BPの記事ですが、
つい最近、チョッとした事から再び目にする機会がありました。

それがこちら
三澤千代治、200年住宅への新たな挑戦


三澤千代治さんはミサワホームの創業者。
記事では三澤千代治さんが
すでにハウスメーカーが時代遅れになって社会に不要だと言っています。

ひじょうに頷けます。

日本の住宅の寿命が30年しかない原因の事や
原価は安いのに販売経費や広告宣伝費が掛かり過ぎている事など

・・・でもそれは三澤千代治さんが作った仕組みなんですけどね。


2003年、ミサワホームが経営不振に陥り、
三澤千代治氏は経営責任を問われ、辞めさせられました。

その後、HABITAを立ち上げ、
3年後には上場するとしていたのですが、
既に8年経ったものの未だに上場していません。

200年の耐久性、地産地消などなど
私も大賛成ですが
あまり思っていたような成果を上げられていないようです。

それはなぜか?

下の写真は築7年のHABITAです。

HABITAの家

どう思われます?

築7年にしては古びたように感じるのですが・・・。

ちなみに下の写真は
このHABITAの家の向かい側の家で、同じく築7年の家です。

ポラリスの家

実はこのお宅、弊社が手掛けた家です。

なぜ日本の住宅の寿命が30年しかないのか?
その最大の理由は陳腐化です。

築30年の家を想像してみてください。

外観デザインは・・・?

薄汚れているでしょうし、
今見るととても魅力的とは言えないでしょうね。

間取りは・・・?

今では最も一般的な対面キッチンですが、30年前は少数派でした。
あちこちに段差があって、バリアフリーにはなっていません。
今よりも細かく部屋が仕切られ、閉塞感があるでしょう。

温熱環境は・・・?

せいぜい、50ミリ厚のグラスウール程度の断熱で、
下手したら、断熱材が入っていないかも知れません。
窓はペアガラスですらありませんし、
冬は寒く、夏暑いのは間違いないでしょう。

耐震性は・・・?

阪神大震災以降、強化されましたが、
それより前ですから、あまり期待できません。

他にも挙げたらキリがないです。

結局、陳腐化し魅力のなくなった家は
建て替えられてしまう事になってしまいます。

今の日本の住宅状況においては
耐久性の向上が住宅の寿命を長くする訳ではありません。

それよりも、未来を先取りする方がずっと有効です。

もし、建築時点のトレンドよりも10年先取りした家であれば寿命は40年に、
20年先取りする事ができれば寿命は50年になります。

これから家を建てるご計画がある方は、
その辺りもご一考いただいてはいかがでしょうか。
posted by ポラリス at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

「省エネ住宅ポイント」って知ってます?


おそらく、住宅の仕事をしている人はご存じでしょうけど
一般の方はどれだけ知っているのでしょうか?

省エネ住宅エコポイントのエンブレム

省エネ住宅エコポイントとは
住宅を新築、リフォームする際に、
定められた省エネ性能を満たせばポイントがもらえて、
ポイントは追加工事や地域産品などと交換できるというものです。

もらえるポイントは30万ポイントで、
1ポイント1円相当ですので、かなりお得です。

しかも2世帯住宅であれば、60万ポイントをもらえます。
(玄関が2つなどの要件あり)

省エネ住宅エコポイントのHPはこちら


国土交通省の制度で、予算は905億円。
現時点で予算に対するポイント申請の実施率は52%となっています。

100%になった時点で締め切りとなりますが、
100%にならなくても平成27年11月30日で申請の締め切りとなります。

昨年の消費税増税で住宅需要が落ち込んでいるので、
需要喚起が主な目的なのですが、
でも、一般的には知られていません。

一般の人に知られていなければ、せっかくの施策が意味ないですよね。


posted by ポラリス at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

リビングは必ずしも南向きが良い訳ではありません



現在、私が作成しているプランですが、
リビングとダイニングが北側にあるんです。

土地探しのお手伝いしているのですが、
ようやく、良さそうな土地が出てきたものの、
その土地に希望通りの家が建てられるのかどうか分かりませんよね。

そこで、私がご要望をお聞きしてプランを作成し、
購入するか否かの判断材料にしてもらうのが目的です。


で、今回作成したプランがこちら。

1F ↓クリックで拡大
北向きにリビングがあるプラン

2F ↓クリックで拡大
北向きにリビングがあるプラン

方位は上が北になります。

なぜリビングが北側にあるのか?
それはこの土地の特性を考慮したからです。

この土地の中心から北を向いて撮った写真がこちら

北向きの風景

一方、中心から南を向いて撮った写真がこちら

南向きの風景

この地域は北側に下がっている斜面になっています。
写真を見て頂ければ一目瞭然、
北側は遮るものが無く、開放的で景色が良いのです。

この北側の景色を活かさない手はありません。

でも、北側は南側より部屋が暗くなるのでは?
・・・そう思われる方は少なくないでしょう。

確かに、太陽は南側にありますから、北側の部屋には直射日光は入りません。

しかし、実は直射日光よりも部屋の明るさに、もっと大きな影響を与える2つの要素があります。

一つは窓の大きさ。・・・当然ですね。

もう一つが、天空率です。

天空率とは、どれだけ空(そら)が見えるかという事です。

この土地の場合、圧倒的に北側の方が、空が広いです。
この土地だけではなく、この地域全体がそうですね。

ところが、近隣の家々を見てみると、
どの家も南側にリビングを配しているようでした。


何とも、もったいない。


私の専門は建築なので、
建築の立場から、土地の購入について、色々気を付けて頂きたい事があります。

また、機会がある度に、その辺りの情報もお伝えいたします。

posted by ポラリス at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

住宅の防犯対策 窓ガラスに防犯フィルムを貼りました


先日に引き続き、簡単な防犯対策のご紹介です。
今回はガラスの防犯フィルムです。

空き巣の侵入経路の6割以上がガラス破りによるものです。
ハンマーでガラスを割ったりする訳ですが、
ただ、それだと大きな音が出てしまうので、
実は音も少なく、どこにでもあるような道具を使って
簡単にガラス破りをする方法があります。

空き巣は窓から侵入

この方法がガラス破りとしては最もよく使われる手のようですが、
どのような方法なのかは、ここでは伏せておきます。

防犯フィルムは、できればガラス全面に貼るのが良いのですが、
素人にはかなり難しいので、業者に頼んだ方が良いでしょう。

そうなると、掃出し窓1か所で、材工2〜3万円は掛かるでしょう。

それだけの費用をどう捉えるか、というところですが、
A3サイズの防犯フィルムが2枚入りで、数千円で売っています。

それを、クレセントの周りだけに貼るだけでも
ある程度の防犯効果はあります。

実際に貼ってみましたので、動画にてご覧ください。
素人でも簡単に貼ることができます。

動画長さ:3分40秒


泥棒が侵入を諦める時間として、
2分が17%
2〜5分が51%
5〜10分が23%
というデータがあります。

侵入時間がかかればかかるほど諦めやすくなるので、
防犯フィルムの役目は、侵入時間を長引かせる事にあります。

更に、窓の場所によっても違ってくるでしょう。

道路側の人目に付きやすい場所であれば、短時間で諦めるでしょう。
それであれば、クレセント周りだけでも充分な効果があるでしょう。

この防犯フィルムが販売されているアマゾンのページにリンクしておきます。



しかし、2階の手すり壁で囲まれたベランダなどは、
人目に付きにくいので、いくらでも時間を掛けることができるでしょう。
そのような場所はガラス全面に貼るか、
あるいは、先日ご紹介したウィンドウアラームなどで対応する方が良さそうですね。

posted by ポラリス at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

住宅の防犯対策 サッシにウィンドウアラームを設置しました


住宅の防犯は、新築する時点で考慮して
対策を施しておくのが良いのですですが、
後からでも打てる対策があるので、ご紹介します。

私の自宅は私が当時勤めていた工務店で建築したのですが、
住宅の仕事に携わるようになってまだ間もなく、
私自身、5棟目の仕事でした。

ですから、その時はまだ経験も乏しく、
防犯についての知識も持ち合わせていませんでした。

実は先日の町内の回覧板に
近所で空き巣の被害があったという記載がありました。

そこでこれを機に我が家でも簡単にできる防犯対策を施しました。
その一つがこれ、ウィンドウアラームです。



アラームの作動中に窓が開くと大音量のアラームが鳴り響きます。

また、ガラスをハンマーのような金属で叩くとアラームが鳴ります。
手で叩いたり風による振動などでは、アラームは鳴りません。

空き巣の侵入経路の7割が窓からです。
しかも、もっとも狙われやすいのが
人目に付きにくい所にある引違い窓です。

我が家には引違い窓が3か所あるので、
その全てにこのウィンドウアラームを取り付けました。

ウィンドウアラームを外側から見たのが次の写真です。
サッシに取り付けたウィンドウアラームの外側からの写真

ほとんどの空き巣は犯行に及ぶ前に下見をします。
当然、その際に侵入しにくそうな事が分かればその家は避けます。

このグッズが販売されているアマゾンのページにリンクしておきます。

 パールホワイト

 ブラウン


空き巣もプロですから、防犯グッズ売り場に足を運んで
どんなグッズが市販されているのかを把握していますので、
一見して、そのグッズが何なのか、どんな効果があるのかが分かります。

空き巣は防犯グッズに精通しているのですから、
だとすれば、おそらく効果がないであろうと思われるグッズがあります。

それはダミーの防犯カメラ。

私も色々な防犯グッズ売り場を回りましたが、
どこでもほとんど同じようなダミー防犯カメラが置いてあって、
それらを見ていると、すぐに偽物だと分かるようになってしまいます。

素人の空き巣は騙せるかもしれませんが、
プロの空き巣には全く効果がないでしょう。

騙すだけの防犯グッズではなく、実質的な働きのあるグッズを使うべきですね。

その他にも、簡単で効果のある防犯グッズも施しましたので、
それについてはまた後日ご紹介します。
posted by ポラリス at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

「リビング階段のメリットとデメリット」のページを追加しました



先日に続き、家づくりを応援するサイトに、
リビング階段のメリットとデメリット」のページを追加しました。

リビング階段が寒いの内観図

リビング階段をご希望される方は多いです。
私のところにご相談に来られて家を建てられた方の約半分はリビング階段を採用しています。

ネットや書籍にはリビング階段について色々な評が出ています。

リビング階段は寒い‥‥とか、
家族のコミュニケーションを取りやすくするため‥‥とか。

ただ、一般的に言われているリビング階段のメリットやデメリットは
実際とは少し違っている事を、ひじょうに感じます。

今、リビング階段を採用しようかどうしようか迷っている方にとって、
それらの実際とは違う情報を見てしまうと
正しい判断はできなくなってしまいます。

実際にリビング階段はどうなのか?

本当のところを分かりやすく解説したページです。

→「リビング階段のメリットとデメリット

posted by ポラリス at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

「使いやすい間取りは家具の配置を考えて」のページを追加しました



家づくりを応援するサイトに、
使いやすい間取りは家具の配置を考えて」のページを追加しました。

LDの間取り

私のところにご相談に来られる方のほとんどが
それまでに大手ハウスメーカーで話を進めてこられた方です。

ですから、その大手ハウスメーカーが提示したプランを見る機会がひじょうに多いです。

すると、そのプランのほとんど‥‥
いや、全てと言っても良いかも知れません。

充分考えられたプランとは言えません。

実際に生活するイメージが湧いてこないのです。


どうしたら、合理的で使いやすい間取りができるのか?

その事を分かりやすく解説したページです。
ぜひ、ご覧になってください。

→「使いやすい間取りは家具の配置を考えて


posted by ポラリス at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

ニチハのサイディング、本物の木かと思いました



今日は、工事中の現場を視察。

現在工事中の現場は
木津川市K様邸、
城陽市M様邸、
京都市北区S様邸の3ヶ所。

その際、城陽市M様邸で、驚きの発見が‥‥。

それが下の写真。

城陽市M様邸の外壁材

私は一瞬、本物の木かと思いました。

ところが触ってみてビックリ!
窯業系のサイディングではありませんか。

ネットで調べてみると、このサイディングは
「ニチハ モエンエクセラード16 キャスティングウッド」

どうやら今年のグッドデザイン賞を受賞した商品のようです。

これまでにも、木調のサイディングは色々ありましたが、
こんなにリアルなものは有りませんでした。


実を言うと、
これまで、何かを模したサイディングというのは
私個人としては、あまり好きではありませんでした。

しかし、これだけリアルだと、考えが変わります。


足場が外れて、外観が姿を現すのが楽しみです。

posted by ポラリス at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

小冊子とDVDの注文数が1500件を突破



syousassi.jpg弊社のホームページ上で販売している
小冊子とDVDですが、
本日のご注文分で、
ついに累計1500件を突破しました。

会社設立の頃に販売を開始して以来、約3年半。
様々な方からご感想をお寄せいただきました。

ご注文いただいた方々には、本当に感謝いたします。

さて、1500件を突破した感謝の気持ちを込めて、
これからご注文いただく方に、特別DVDをプレゼントすることにしました。

実はもう既に、2週間ほど前から十数名の方にはお送りしているんですけど。

どんなDVDかと申しますと、
先月開催したセミナーをビデオで撮影し、編集したものです。

セミナーの様子はこちらをご覧ください。
→ 家づくりセミナーのダイジェスト動画


ただ、このDVDには一般公開することができない内容が含まれています。

ですから、このDVDをお受け取りになった方は個人的視聴にとどめ、
コピーを配布したり、ネット上に公開したりしないでくださいね。

小冊子とDVDのご注文はこちらでどうぞ。
→ 家づくりの小冊子&DVD ご案内ページ


posted by ポラリス at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

DVD「失敗しないための資金計画」発売開始しました


dvd_shikin.gif12月5日に開催した家づくりセミナーを
ビデオ撮影しました。

この度、そのビデオをDVDで販売開始しました。


ご購入はこちら↓

家づくりセミナーDVD
『失敗しないための資金計画』
   ‥‥40分30秒

販売価格:800円


DVDのダイジェスト版を YouTube でご覧いただけます。



【DVDの内容】

講師の伊東氏は、日本にはまだ珍しい
金融機関には属さない独立系のファイナンシャルプランナーです。

だからこそ、お伝えできる、
銀行が教えてくれない住宅ローンの一番いい組み方など、
プロのテクニックをご紹介します。

銀行の言うがままに住宅ローンを組んではいけません。
ローンの組み方次第で、場合によっては何千万円も損することがあるのです。

あなたの大切なお金を守るのは、あなた自身です。

自分は住宅にどれだけの金額がかけられるのか分からない。
できるだけ有利な住宅ローンを選びたい。


そんな方々にお薦めのDVDです。


タグ:資金計画
posted by ポラリス at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

家づくりセミナーDVD、新発売です


dvd_naze.gif5月30日に開催した家づくりセミナーを
ビデオ撮影しました。

この度、そのビデオをDVDで販売開始します。


こちらのページです↓

家づくりセミナーDVD
『なぜ家を買って失敗するのか?』
婚活ならぬ住活の正しいやり方
   ‥‥40分55秒


DVDのダイジェスト版を YouTube でご覧いただけます。


価格は1200円。
すでに販売されている小冊子と一緒にご購入いただくと
割引があるのでお得です。


【DVDの内容】

まずは住宅展示場へ行き、数社から見積を取って慎重に比較検討。
しかし、慎重に比較検討しようにも、
何をどう比較したらいいのか‥‥?

結局、「営業マンが信頼できそうだから‥‥」
なんて、曖昧なことを頼りに納得できないまま決めてしまう。

それでは、家づくりの成功は難しいですね。

家づくりのパートナー選びは
結婚相手を選ぶのに似ています。

納得できないまま結婚してしまえば
いずれ「離婚」なんてことになりかねません。

「婚活」ならぬ「住活」の正しいやり方を
ご紹介いたします。


これから家づくりを始めようという方。
家づくりに行き詰ってしまった方。
契約間近だけど、何んとなく不安がある方。

そんな方々にお薦めのDVDです。

タグ:家づくり
posted by ポラリス at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

「住宅ローン入門」のページを設けました

私の運営するサイト
「注文住宅の家づくりを応援する情報サイト byポラリス」にて
新たなページを作成しました。

kariire01.gifこれまで、住宅ローンに関するページを
少しずつ作成してきたのですが、
そこそこのボリュームになってきたので、
今回新たに住宅ローン入門のコーナーを設けました。


低金利の状況が長く続いています。
住宅ローンを組むのにはとても良い時期ですね。

少しでも賢く住宅ローンを組むためにも
住宅ローンの基本をしっかり押さえてください。


住宅ローン入門のコーナーには次の情報を掲載しています。


「住宅ローンの流れ(申請時期)」
「建売や土地を購入する場合の流れ」
「注文住宅を建てる場合の流れ」
「土地を購入して注文住宅を建てる場合の流れ」


「住宅ローンの借入可能額」
「年収からみた無理のない借入金額」
「現在の家計からみた無理のない借入金額」


「住宅ローンの金利」
金利についての基礎知識です。
金利によって総返済金額が
思いのほか、 大きく変わってきます。


「変動金利と固定金利の比較」
・ 変動金利とは
・ 固定金利とは
・ 固定金利と変動金利の選び方


「元利均等と元金均等の違い」
・ 元利均等とは
・ 元金均等とは
・ 元利均等と元金均等の比較
・ 元利均等と元金均等の選び方

posted by ポラリス at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

「住宅ローンの借入可能額」のページをアップしました


私の運営するサイト
「注文住宅の家づくりを応援する情報サイト byポラリス」にて
住まいの基礎知識のコーナーに
「住宅ローンの借入可能額」のページを追加しました。



kariire01.gif本当に不況悪いですね。

この長く続く不景気のために
住宅ローンの延滞件数はここ数年で倍増し、
社会問題にもなっています。

当てにしていたボーナスがカットされて、
ボーナス月の返済ができなくなったり、

給料自体をカットされて、
住宅ローンが重くのしかかってきたり、

最悪はリストラされて職を失ったりなど、
このような社会情勢にあっては、
誰でも住宅ローンで破綻する可能性があるのです。

無理して組んだ住宅ローンの借入は、
「借入できる金額であって、返済できる金額ではない」
ということをよく理解して住宅の購入を考える必要があります。

金融機関はできるだけ多く貸し付けたいですし、
ハウスメーカーや工務店、不動産業者などは
できるだけ高い売り上げが欲しい訳ですから、
一般的に言われている借入可能額は
ちょっと無理した借入額である場合が多々あります。


ここ新たにアップしたページでは、
破綻することのない安全な住宅ローンを組むためには、
どのくらいの借入が妥当なのか、
その目安をご紹介します。



今回アップしたページはこちらです。

「住宅ローンの借入可能額」

「年収からみた無理のない借入金額」

「現在の家計からみた無理のない借入金額」


posted by ポラリス at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

「住宅ローンの流れ」のページをアップしました

私の運営するサイト
「注文住宅の家づくりを応援する情報サイト byポラリス」にて
住まいの基礎知識のコーナーに
「住宅ローンの流れ(申請時期)」のページを追加しました。

nagare4.jpg

住宅ローンを申し込んでから、住宅ローンが実行されるまで、
少なくとも2カ月はかかります。

住宅ローンの審査には契約書が必要ですし、
保存・移転登記も済ませていなくてはなりません。

ですから、時期的な制約が色々と出てきて、
つなぎ融資が必要になったりします。

また、
土地や建売住宅を買う場合、
注文住宅を建てる場合、
あるいは、土地を購入して注文住宅を建てる場合で、
住宅ローン申込の流れが違ってきます。

それぞれの流れについて、図解にて詳しく解説します。



今回アップしたページはこちらです。

「住宅ローンの流れ(申請時期)」

「建売や土地を購入する場合の流れ」

「注文住宅を建てる場合の流れ」

「土地を購入して注文住宅を建てる場合の流れ」

posted by ポラリス at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

書籍紹介のコーナーに新たな書籍をアップしました

私の運営するサイト
「注文住宅の家づくりを応援する情報サイト by株式会社ポラリス」
「コンシェルジェお奨めの書籍」のコーナーにて
新たに紹介する書籍をアップしました。



絶対に失敗しない! はじめての「マイホーム」
―不動産広告の読み方から決断のタイミング、ムリのない資金計画まで

平野 雅之 著  大和出版  1,500円(税別)  2006年初版発行

091027_01.jpg

この本の評価 ★★★☆☆

土地やマンション、一戸建ての購入をそろそろ考えようかという人にはお勧めです。
この本を読めば、不動産購入に必要な基礎知識がすべて身につきます。
本の構成は全編に渡って、右ページに文章、左ページに図や表で
素人でも分かりやすく解説しています。
正に、不動産購入の教科書のような一冊です 。



究極の住宅セールス術―カリスマ営業マンが実践する
鈴木宏行 著  はる出版  1,400円(税別)

091027_02.jpg

この本の評価 ★★★★☆

住宅営業をしている人はぜひ読んでみてください。
ツーバイフォー最大手のハウスメーカーに勤め、
200棟以上の注文実績でトップセールスマンになった著者が、
実践で得た住宅セールスの極意を伝授します。
かつて住宅営業をしていた私も、「なるほど!」と納得でした。
非常に読みやすく、外回りの合間でも読め、とても参考になるでしょう。
これから家を建てようという人も、住宅セールスの裏舞台が見えるので、
住宅会社選びをする際にすごく参考になるでしょう。
戦いを制するためには、まず敵を知ることからですね。



やっぱり一戸建てに住みたい!―後悔したくないあなたのための家選び
田中裕二 著  幻冬社  1,300円(税別)  2009年初版発行

091027_03.jpg

この本の評価 ★★☆☆☆

これから家づくりを始めようという人のために、
家づくりのポイントを 分かりやすく解説しています。
ただ、少し勉強した人にとっては、当たり前すぎて、物足りないかもしれません。



私のサイト上では
本の中身を一部ご覧いただけるようになっています。
アマゾンにもリンクを張っておりますので、
ご購入も簡単にできます。


こちら以外の本も中身の一部をご覧頂けます。
→住まいコンシェルジェお薦め書籍
 
 
タグ:書籍 住宅
posted by ポラリス at 19:45| Comment(1) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

「書籍紹介」のコーナーに新たな本をアップしました

私の運営するサイト
「注文住宅の家づくりを応援する情報サイト by株式会社ポラリス」
「コンシェルジェお奨めの書籍」のコーナーにて
新たに紹介する書籍をアップしました。



hyoshi.jpg
◆「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)◆

 山田 昌弘, 白河 桃子 著   1,000円(税別)

 
 この本の評価 ★★★★☆

 「婚活」という言葉を作り出したのが、著者の山田氏です。

 未婚率の増加、結婚できない男女の事情を
 社会学的な視点で明らかにした本です。

 社会が大きく変革しつつある今、
 その変化に着いていけていない状況は、男女関係だけではなく、
 今の社会状況そのものを垣間見たような感じがしました。

 現在未婚の人も既婚の人も、
 とても興味深く読める本ではないでしょうか。
 


517X5BG9AKL__SL500_AA240_.jpg
◆本当にあった家づくりのコワーイ話◆

 桑原あきら 著  ニューハウス出版  1,143円(税別)

 
 この本の評価 ★★★☆☆

 家づくりに失敗しないためにも、
 失敗例から学ぶところは多いかと思います。
 この本には19話の失敗例が紹介されています。
 どの失敗例も、よく有りがちな事例です。

 これを読めば失敗を防げるというところまで
 深く書き込んでいる訳ではありませんが、
 すごく読みやすく軽く読めるので、
 一度読んでみても損はないかと思います。
 


私のサイト上では
本の中身を一部ご覧いただけるようになっています。
アマゾンにもリンクを張っておりますので、
ご購入も簡単にできます。


こちら以外の本も中身の一部をご覧頂けます。
→住まいコンシェルジェお薦め書籍
 
 
タグ: 書籍 紹介
posted by ポラリス at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

「住宅の基礎工事」のページを追加しました

私の運営するサイト
「注文住宅の家づくりを応援する情報サイト byポラリス」にて
住まいの基礎知識のコーナーに
「住宅の基礎工事」のページを追加しました。


木造住宅の基礎は、直接基礎と杭基礎に大別されます。

直接基礎にはベタ基礎、布基礎の2種類の基礎工事があり、これ以外に独立柱を支える独立基礎があります。

敷地の地盤の耐力に応じた適切な基礎を選択する必要があります。

基礎の種類.gif

今回作成したページでは
住宅の基礎工事の種類と注意すべきポイントを
図や写真を使って分かりやすく解説しています。

こちらでご覧になれます→ 「住宅の基礎工事」

これから家づくりをされる方はもちろん、
工務店や基礎工事の施工者の方も
ぜひ参考にしてください。
タグ:基礎 住宅
posted by ポラリス at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする