最近の記事

2015年01月18日

本田一隆という人物から、変なメールが届きました


今朝、変なメールが・・・・。
本田一隆という人物からで下がそのメールです。

本田一隆のsynergy101からのメール

タイトルも本文も「test」と記載されているだけ。

本多一隆という人は知らないですし、
なんか気持ち悪いメールなので、
ドメインのsynergy101で検索してみると、
既にネット上で、チョッとした騒ぎになっているようです。

かなりの多くの人が同じメールが送られてきたと訴えています。

シナジーマーケティングというヤフーグループの会社による
個人情報の漏えいと話も出ています。

皆さんのところにも届いていませんか?

続きを読む


posted by ポラリス at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

阪神大震災から20年


今日は、あの阪神大震災からちょうど20年。
当時の私は大阪の上本町に住んでいて、
妻のお腹の中には現在大学生の娘が・・・・・。

確か大阪市内では震度4〜5ぐらいの揺れでしたが、
今までに経験したことが無い長い時間の揺れでしたので、
「これはどこかで大変な事が起きているな」と思ったものの
大阪ではその日も普段の日常と何も変わることはなく、
すぐ隣の神戸があのような状況になっているとは信じられませんでした。

テレビの報道で、阪神高速が崩壊している状況を見た時には
愕然としました。

阪神大震災の阪神高速の倒壊

阪神大震災のちょうど1年前にロサンゼルスで大地震が起こり
高速道路が崩壊している状況を見て、建築の専門家は
日本の高速道路は大丈夫だと言っていただけに、本当にショックでした。

阪神大震災は早朝でしたので、自宅の倒壊による圧死者が多かったですが
もし昼間であれば、どうなっていたでしょう?

高速道路だけでなく、鉄道もオフィスビルも倒壊していましたから
死者の数は一桁違っていたかもしれませんね。

もし東京で直下型の地震が発生したらどうなるでしょう?
首都高速は、ただでさえ老朽化が懸念されているのに・・・。

20年という節目を迎え、今一度、あの時の教訓を思い起こさなければいけませんね。

ラベル:阪神大震災
posted by ポラリス at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

映画「インターステラー」、2回目の鑑賞


インターステラー
この映画は素晴らしいですね。

インターステラー

1ヶ月前には吹き替えで観て、昨日は字幕で。

同じ映画を2回も観に行くことは、まずないのですが、
このインターステラーは、思わずもう一度観たくなってしまいました。

1回目の時には感動作という事だったので、
ハンカチを用意していたのですが、その必要はありませんでした。

でも、結構ジーンとくる場面は随所にありますし、
ハラハラ、ドキドキもしますし、映像もきれいですし、
しかも、科学的な側面(アインシュタインの浦島効果)を忠実に扱っています。

私の中ではこれまでに観た映画の中で、1位、2位を争います。

実は2回とも大学生の娘と観に行ったのですが
また、この映画のテーマが父娘の絆ですしね、感慨深いものがありました。

3時間という長い作品ですが、長さを全く感じません。
まだ観ていない人には、ぜひお勧めしたい映画です。

posted by ポラリス at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

滋賀県大津市Y様邸 お引渡し


滋賀県大津市のY様邸の建物本体が完成。
外構工事はまだですが、お引渡しとなりました。

滋賀県大津市のY様邸の前

滋賀県大津市のY様邸の引渡し

Yさんと初めてお会いしたのは
1年半前に木津川で開催した、完成見学会の時でした。

Yさんは埼玉県在住でしたが、
ご主人が、わざわざ京都までお越しになり、
色々お話を聞いていると、Yさんはリタイアされ
関西に移住するご計画との事でしたが、
なんと、私の大学時代の友人と一緒にお仕事をされていたことが判明し、
世の中は狭いものだと、本当に驚かされました。

完成したY様邸の様子を動画に収めてきましたので、
編集できましたら、ご紹介します。

ちなみにこちら
Yさんの工務店面談の様子です。

滋賀県大津市Yさん 工務店面談

posted by ポラリス at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

ハリーポッターの杖に選ばれてしまいました


妻がサントリーが主催する懸賞に応募し、
USJのプレミアム貸切ナイトというのを当てました。

さすがに貸切という事もあって、
大人気のハリーポッターのアトラクションも、
30分程度並ぶだけで載れました。

USJのハリーポッターのエリア

そのハリーポッターのエリア内に
魔法の杖を売っているお店があって、
妻に誘われるままに、そのお店に入ったところ、
私は杖に選ばれてしまったのでした。

杖の店は半分アトラクション的な感じで
30人ぐらいの人達と一緒に店に入りました。

隠し扉を抜けると店主の老人がいて、
なぜか私がご指名に会い、利き腕や生年月日を聞かれ
いくつかの杖を推薦され、呪文を唱えるように促されるのですが、
色々なハプニングが起こり、
最後に下の写真の杖を振ると映画宛ら、オレンジ色の光に包まれ
私はこの杖に選ばれたのでした。

USJのハリーポッターの杖

私は昔からこういうのによく指名されやすくて、
子供のころは遊園地のイベントで、
私一人ステージに上げさせられたり、
大人になってからも、ディズニーランドで、
同じような事がありました。

未だに私の指名されやすさは健在なのですね。


私を選んだ杖はそのまま返ししてもいいですし、
3500円で購入することもできます。

・・・私は思わず買ってしまいました。

店の中には他にも色々な杖が売っていて、
私を選んだ杖と同じものも売っているようなのですが、
どうやら、店で売っているものとは箱が違っているようで、
杖に選ばれた人用の特別仕様のようです。


posted by ポラリス at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

「琵琶湖BASSバーガー」食べました


石山寺の現場から堅田の現場への移動中、
名神の大津サービスエリアに立ち寄ってお昼ご飯を‥‥。
するとこんな看板が‥‥。
大津サービスエリアのバスバーガーの看板
実は以前から
大津サービスエリアに立ち寄るたびに
気になっていたので、試してみました。
大津サービスエリアのBASSバーガー
なるほど、看板に書いてある通り
白身であっさりしていて、タルタルソースがよく合います。
マクドナルドのフィレオフィッシュより、少し歯応えがありますね。

注文してから3分ほど掛かりますが、美味しかったです。
posted by ポラリス at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

滋賀県大津市A様邸着工目前 地鎮祭が行われました

滋賀県大津市のA様邸で地鎮祭が行われました。

滋賀県大津市のA様邸の地鎮祭

Aさんが工務店を決定したのが6月上旬でした。
それから4ヶ月で着工という事になりました。

ご主人が単身赴任で東京へ行っておられるので、
帰ってこられるのが2週間に1回。
これまで打合せも大変だったことでしょう。

ところで、一昨日に地盤調査をしたようですが、
その結果があまり良くなかったそうです。

また、敷地の東側に擁壁があるのですが、かなり古く
新たにやり直す必要があるようです。

初めにそれらの工事を済ませなければ基礎工事に掛かれませんね。

posted by ポラリス at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

京都市右京区K様邸お施主様検査&気密測定


京都市右京区のK様邸が完成し、気密測定が行われました。
測定結果はC値=0.57

京都市右京区のK様邸での気密測定 完成した京都市右京区のK様邸

K様邸では工事途中
‥‥断熱気密工事が完了した段階でも気密測定を行っています。
その際の測定結果はC値=0.34

工事途中より、完成してからの検査の方が
数値が悪くなっているではないかと思われる方もいらっしゃるでしょう。

実はこれまでの私の経験では、
工事途中でC値が1.0を超えているような場合、
その後の工事で、石膏ボードを張り、クロスを貼る事で、
より隙間が少なくなり、、完成後の数値は良くなる事が多々ありました。

ところが工事途中で0.5を下回るような場合、
完成後には0.2〜0.3ぐらい数値が悪くなります。

なぜなら、工事途中の段階では設置されていなかった
レンジフードのような換気扇やエアコンなどが
完成した時点では設置されています。

それらの機器からの漏気によって、数値が悪くなるのです。

工事途中でC値が1.0を超えている場合も
それら設備からの漏気は同じですが、
それ以上に、石膏ボードを張ったり、クロスを貼る事で
気密性が改善するウエイトの方が大きいのでしょう。

工事途中で0.5を下回るとなると
石膏ボードを張ったり、クロスを貼る事で気密性が改善するのは
ほんの極わずかで、設備からの漏気分が
そのまま数値に影響を与えてしまうのでしょう。

実はこの話、あまりよく知られていません。
高断熱高気密住宅を手掛けている建築会社では
当たり前のことです。

高断熱高気密を謳っていながら、
もしこの事を知らなかったら、それは潜りです。
posted by ポラリス at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

最近は姉猫が母親気取りです


これまで、度々ご紹介している猫の親子ですが、
驚きの変化が‥‥。

最近、母猫のアンジュさんではなく、三毛猫のスモモ(妻が命名)が
子猫たちにベッタリと付っきりです。

しかも、子猫に乳をすわせているのです。

子猫たちに乳を与えている姉猫のスモモ

スモモは、アンジュさんが2年前に産んだ、
言わば子猫たちの姉猫です。

アンジュさんに代わってスモモが
まるで、自分の子供のように面倒を見て
母親気取りです。

でもスモモは、まだ子供を産んだことがなく、
本当にミルクが出ているのか疑問です。

でも子猫たちは、お乳を吸って満足しているような感じなので、
やはり、ミルクが出ているのでしょうか?

ラベル:野良猫 親子
posted by ポラリス at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

これって、猫の恩返し? 貢物のようです


今朝、我が家のテラスにこんなものが置いてありました。

猫の贈り物

これ、たこ焼きの欠片です。
その傍らには、よく我が家に出入りしている
野良猫のアンジュさん(妻が命名しました)が「ニャー」。

2〜3日前にはハンペンの欠片が、
その前はピザトーストの欠片、
その前はコロッケの欠片・・・・・。

貢物を持ってくる野良猫のアンジュさん
 ↑今朝のアンジュさん

アンジュさんは、この辺りの近所の人たちから餌をもらっていて、
食べ残しを我が家のテラスに持ってくるんですね。

最初は、何の嫌がらせなのかと思っていましたが、
ネットで調べてみると、どうも嫌がらせではないようで・・・。

このブログでも何度か記事を載せましたが、
この春、アンジュさんは2匹の子猫を産み
子育ての間、我が家のテラスをねぐらにしていて、
私も色々と面倒を見てあげました。

どうやら、その時のお礼なんでしょうね。
自分がゲットした大切なものを貢物として持ってくるようなのです。

猫の恩返しとでも言いましょうか?

なんて律義で可愛らしい事をしてくれるのでしょうか。

正直申しまして、あまり有難くない贈り物ですが
とりあえず、気持ちだけ受け取っておきます。

posted by ポラリス at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

ついにワールドカップ ブラジル大会開催


ストやデモ、治安の悪化など、色々と騒がれたブラジルですが、
ようやくワールドカップが開催されました。

今日は朝から開幕戦のブラジル対クロアチア戦に見入ってしまいました。

ブラジル代表のネイマール

この大舞台で2得点の大活躍のネイマール。
もしかして、今大会の主役はこの人・・・・・そんな予感を感じさせます。

ところで、この開幕戦で大役を務めたのが、
西村雄一主審と相楽亨、名木利幸の両副審。

これには本当に感慨深いものがあります。

私はJリーグができるずっと前からサッカーが好きで、
ワールドカップは子供のころから、ずっと観ていました。

私が子供のころは今のようにライブ放送はなく、録画放送でしたので、
先にニュースで試合結果を知った上での観戦でした。

それでも、世界のスーパースターが魅せるプレーにしびれました。

私にとって忘れられない大会は、なんと言っても1986年のメキシコ大会です。

マラドーナが大活躍した大会ですが、
トヨタカップで大活躍したフランスのプラティニ、
後のJリーグで活躍するブラジルのジーコ、イングランドのリネカー、
西ドイツのリトバルスキーなど、スーパースターがひしめき合っていました。

そんな中、私と同じ姓の高田静夫さんが日本として初めて
ワールドカップで主審を務めたのでした。
スペイン対アルジェリア戦でしたが、私は当時、NHKでその試合を観ました。

その時の日本サッカーのレベルは、あまりにも低すぎて全くお話にならず、
ワールドカップなど別世界の出来事といった感じで、
そんな別世界の夢舞台に日本人が立ったいうのは、本当に感動でした。

あれから28年。状況は大きく変わりました。

日本は5大会連続でワールドカップに出場し、
そして、ワールドカップ開幕戦の審判団を日本人が務めるまでに至るとは……。

今大会、日本はどんな成績を収めるのでしょう?
とりあえず、まずは明後日のコートジボアール戦、頑張ってほしいです。

posted by ポラリス at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

我が家に居ついた猫の親子がお引越し


先日もご紹介した、我が家に居ついた猫の親子ですが、
こちら→ 我が家のテラスに猫の親子が・・・・

もう少ししたら段ボール箱を撤去して追い出そうと思っていたのですが、
2日ほど前、母猫のアンジュさんが子猫をくわえて
我が家敷地内の裏通路のほうへ運んでいきました。

ねぐらの拠点を移したようで、
それっきりテラスの方には来なくなりました。

引越し先での猫親子の様子
引っ越しした野良猫の親子

テラスにいたころには、私が子猫に触っても
横目で見ているだけで、黙認という感じでしたが、
お引越ししてからは、私が近付こうとすると、
「シャー」という唸り声を上げて、威嚇してきます。

居つかれては困るので心を鬼にして段ボール箱を撤去し
そろそろ猫の親子を追い出さなくてはと思っていましたが、
私の心配をよそに、我が家の敷地内とはいえ勝手に出て行ってくれました。

子猫たちがもう少し大きくなれば、
我が家の敷地内からも出て行って、
子猫を連れて、他の近所の家を転々とするのでしょう。

一先ず、ホッとしたのですが、
この1ヵ月間、子猫の成長を見守ってきたこともあって、
すごく喪失感を感じます。

ちなみにこちらはテラスで遊んでいた時の子猫の様子です


ラベル:親子 子猫 野良猫
posted by ポラリス at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

我が家のテラスに猫の親子が・・・・


4月末ごろから我が家のテラスに猫の親子が住みついてしまいました。
子猫はおそらく生後1か月ぐらいだと思います。

我が家に住み着いた猫の親子

母猫は以前からこの辺りをうろついていた野良猫で、
近所の色々な人たちから餌をもらって、
時々、我が家にも餌をおねだりに来ていました。

我が家ではこの母猫を「アンジュさん」と呼んでいるのですが
おそらく他の家では別の名前で呼ばれているのでしょうね。

私の知る限り、2年前から毎年、2匹ずつ子供を産んでいて、
必ず白と茶のまだら模様のオスと三毛のメス。

最初の年、白と茶の猫に「虎徹」、三毛猫は「スモモ」と妻が命名し、
次の年も同じ組み合わせの子猫だったので、
「虎徹2号」「スモモ2号」と呼ぶようになりました。

生後1か月の子猫

今年の子猫たちも
それぞれ3号と呼ぶことになるのでしょうか?

例年、どこかで子供を産んで、
子猫が、ある程度大きくなってから我が家にやってきていました。

ところがなぜか今年は、4月末ごろ結構激しく雨が降った日、
気が付くと我が家のテラスに置いてあった段ボール箱に‥‥。

この段ボール箱は、
別にアンジュさんと子猫のために置いた訳ではありません。

昨年生まれて、今は成猫になった「虎徹2号」が変な病気にかかり、
痩せこけ、毛並も悪くなって、餌もほとんど食べられず、
死にそうな状態で我が家にやってきて、
あまりにも可愛そうだったので、
段ボール箱を用意してあげたのでした。

それから2〜3日して、だいぶ元気になり、ホッとしていたある日、
段ボールの中には虎徹2号の姿はなく、
その代りアンジュさんと子猫が‥‥。

おそらく、アンジュさんが虎徹2号を追い出したんでしょうね。

虎徹2号がアンジュさんと入れ替わって2日後、
病気が癒え元気になった虎徹2号が、
いつものように我が家へ餌のおねだりに来たのですが、
アンジュさんは虎徹2号の背後から首に噛みつき、
床を引きずり回している光景を見ました。

オスの成猫の虎徹2号はアンジュさんよりも体は大きく、
他の猫と比べても、ずば抜けた身体能力があり、
病み上がりとは言え、真面に戦えばアンジュさんに負ける訳ないのに
全くの無抵抗でした。

お母さんには頭が上がらないと言ったところでしょうか。

虎徹2号はそれ以来、我が家には来ていません。
厳しい猫の親子関係を垣間見ました。


ともあれ、アンジュさんはベテランの母猫なので、
ちゃんと子育てをしてくれるから良いのですが、
ウチの息子が猫アレルギーなので
このまま居着かれるのはちょっと困ります。

もう少ししたら追い出そうと思うのですが、
子猫たちの可愛さと言ったら‥‥たまりませんね。

心を鬼にできるでしょうか?

ラベル:親子 子猫 野良猫
posted by ポラリス at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

某ハウスメーカーを告発するメール



本日、私のところに
某ハウスメーカーを告発するメールがありました。

ハウスメーカーを告発するメール ←それがこちらです。

内容をテキストにしたものを
こちらでご覧いただけます。

【ダイワハウス(大和ハウス)の評判】坪単価や特徴など


私のところには、たまに
ハウスメーカーを糾弾するメールが届きます。

今回のメールは、もし本当であれば由々しき問題です。

接合部の薄さについては、
おそらく強度的に問題ない状況であるとは思うのですが、
ギリギリでクリアしている程度なのかも知れませんね。

もしそうだとすれば、メールであったように
何らかのトラブルで変形させてしまったら、
十分な強度が得られない可能性があります。

私にメールを送っていただいた方は
根も葉もない事を書いている訳ではないと思います。

ただ、私自身がその事を確認する事は出来ないので
企業名は伏せていますが、
最大手のハウスメーカーの一つです。


posted by ポラリス at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

メニュー偽装表示‥‥シャンパン?



ホテルのレストランによる、
メニュー偽装表示が毎日のように報道されていますね。

今日のニュースをでは、ついにホテル大倉でも発覚したとか。


どこのホテルでも必ず出てくるのが、
バナメイエビを「芝エビ」として提供していたという話し。

実は私は「バナメイエビ」と「芝エビ」という名前を
この話題が明るみになって、初めて聞きました。

おそらく、ほとんどの人が、私と同様に
「バナメイエビ」と「芝エビ」なんて聞いた事ないでしょうし、
レストラン業界では「小エビ=芝エビ」と表記するのは、
ある意味、常識としてまかり通っていたことなのかも知れませんね。


この話で思い出したのが、今から15年ほど前の事です。

当時私が勤めていた会社では
毎年、社員全員を集め新年会をしていて、
ある年の新年会は京都市内の某有名ホテルで行われました。

会社の会長とホテル支配人が友人同士という事で、
会の冒頭、支配人が壇上に立ち、
乾杯用の「シャンパン」をプレゼントします
という話しがありました。

ホテルのレストランで「シャンパン」でしたら、
少なくとも1万円は取られるでしょう。

社員は60人程でしたらから、10本は必要です。

という事は、10万円分の売り上げをプレゼント‥‥
何て太っ腹なんでしょう。

各自のテーブルの前に置かれたグラスに
「シャンパン」が次々に注がれ、私のグラスにも‥‥。

特別なことでもない限り
「シャンパン」なんて、そうそう口にする機会はありませんので、
給仕の人に、ラベルを見せてくださいとお願いしました。

ラベルを見てみると、なんとそこには
「原産国:スペイン」と言うまさかの文字が‥‥。

「これ、シャンパンじゃなく、スパークリングワインでしょ」
と給仕の人に尋ねると、

「申し訳ありません、
 当ホテルではこれをシャンパンと呼んでおります‥‥」

「シャンパン」とスペイン産の「スパークリングワイン」でしたら、
価格は倍ほど違うでしょう。
‥‥プレゼントですから、別に構わないのですが。


今でこそ、
フランスのシャンパーニュ地方で作られたものだけが
「シャンパン」を名乗ることができて、
それ以外は「スパークリングワイン」
‥‥という事は常識となっていますが、
当時はスパークリングワインを称してシャンパンと言うのが
世間一般の常識になっていたように思います。


ちなみに、スペインのスパークリングワインを「カバ」
イタリアの場合は「スプマンテ」
ドイツだと「ゼクト」‥‥と言うそうです。


ともかく、プロであれば当然そのような知識は持っているわけで
一般の人々の知識に合わせるのではなく、
メニューには、プロらしく正しい表記をすべきですね。


そう言えば最近、プロを感じさせてくれる、こんな事がありました。

先月、私たち夫婦の結婚記念日に、
比叡山のロテル・ド・比叡に宿泊し、
ホテル内レストランのロワゾ・ブルーで食事をした時の事です。

その時頼んだ飲み物なのですが、
ソムリエがその時々の料理に合わせてお勧めする
「スパークリングワイン」「白ワイン」「赤ワイン」のセットがありました。

もう、お分かりですね。

「スパークリングワイン」と言いながら、
出てきたのは、本物の「シャンパン」だったのです。
得した気分になりました。

当然、料理に合わせて‥‥という事なので、
料理によっては「カバ」だったり「スプマンテ」の場合もありますが
その時の料理に合うのがその「シャンパン」という事なのでしょう。

‥‥プロの仕事を感じますね。

その他の箇所でメニューに偽装表示がったかどうかは分かりませんが、
出された料理はすごく美味しかったです。


私自身も、プロに徹した仕事をしていかなくてはいけませんね。

posted by ポラリス at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

家づくりセミナー開催。駆け込み需要は?



一昨日の4日に、家づくりセミナーを開催しました。
京都市内から二組の方が参加され、
二組とも建て替えをご計画されているとの事でした。

20131104.JPG

これまで、住宅展示場へ行き、
数社のハウスメーカーから
プランと見積もりの提示をお受けになっていて、
毎日のように、入れ代わり立ち代わり
営業マンの訪問があるようです。

今からでも急げば消費税増税前に引き渡すことが可能ですし、
ハウスメーカーも最後の駆け込み需要の獲得に必死になっている事でしょう。

みずほ総合研究所の予測によると
住宅の着工数は
平成25年度が98万戸
平成26年度が87万戸
となる見込みです。

私の会社の場合、戸建て注文住宅を専門で扱っている訳ですが
既に問い合わせの件数は減ってきて
一時期の忙しさは無くなりました。

消費税増税が
せっかく回復しつつある景気を
腰折れすることの無いことを祈ります。

posted by ポラリス at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

誕生日にちなんで、私のルーツに関わるお話し(続き)



前回の続きです。
前回はこちら↓
http://hmk-polaris.seesaa.net/article/368390189.html


父親が、なぜ幸福堂の古びた包装紙を大切に持っていたのか?
その理由を父親に尋ねようと思い、実家に電話をしました。

あいにく父親は外出中で、母親が代わりにその理由を教えてくれました。


それは、今から80年以上前の
昭和初期の話しでした。

私の父方の祖父が、仕事で滋賀県へ出張したことが全ての始まりでした。

今のように静岡から日帰り出張という訳にはいきませんので、
数日間にわたり大津の旅館に宿を取り、
そして、その旅館に着いた初めての日のことです。

夕餉を知らせる声がして、
部屋のふすまが開いた瞬間、祖父の目は釘付けになったのでした。

そこに見たのは、
小顔で、細面で、スッと整った上品な顔立ち‥‥。

静岡の田舎では見たこともない美しい女性でした。

そうです。それが、祖母だったのです。
祖父の一目ぼれでした。

祖父が宿泊している間に、
若い2人は、お互い惹かれあう仲に‥‥。

でも、祖母はその旅館の御嬢さん。

親同士が決めたお見合結婚が当たり前の時代ですし、
「どこの馬の骨とも分からない静岡の田舎からやってきた男に
 大切な娘を渡すわけにはいかない」と
曽祖父母の大反対にあってしまうのでした。

このような場合、反対されればされるほど、
想いを寄せ合う2人の心は、より燃え上ってしまうものです。

結局、祖父は祖母を連れ、駆け落ち同然に飛び出してしまいました。

しかし、そんな若い2人を応援し、
力を貸してくれた人がいて、それが祖母のお姉さんでした。

実はそのお姉さんが嫁いだ先というのが、
京都の「幸福堂」だったのです。

そのお姉さんの応援が無ければ
私の祖父母は結婚することが叶わず、
父は生まれませんでした。

つまり、私も生まれなかったんですね。

祖母は父が幼少のころから、その話をしていたようで、
祖母のお姉さんが存命の間は、頻繁に行き来があったようです。


それにしても静岡で生まれ育った私が、
巡り巡って、幸福堂のすぐ近くで事務所を構える事になるとは‥‥。


その日の仕事帰りに、早速、幸福堂によって、
京都名物の水無月を買いました。

それがこちら↓
幸福堂の水無月


お店の人には何も話しませんでしたが、
きっとこの店の中に、私の鳩子に当たる人がいるんでしょうね。



ラベル:京都 幸福堂
posted by ポラリス at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

誕生日にちなんで、私のルーツに関わるお話し



明日、7月6日は私の誕生日です。
誕生日にちなんで、私のルーツに関わるお話を‥‥。


四条烏丸に事務所を移転してから、4か月が経ちました。
泉涌寺の自宅からは、交通費を節約するために自転車で通っています。

毎日、色々なルートを試して通るのですが、
鴨川沿いの遊歩道を通るルートが一番お気に入りです。

ここのところ暑い日が続きますが
川辺は、涼しげな感じがしますし、
小魚を狙う鷺や鴨のカップルを横目に見ながらの通勤というのは
なかなか良いですね。

自転車の遊歩道への乗り降り口は七条通と松原通にあって、
松原河原町を必ず通る事になります。

そのルートを初めて通ったのは1か月前なのですが、
その時、松原河原町を少し西に入ったところで、
ある和菓子屋さんの看板が目に飛び込んできました。

京都の松原河原町にある幸福堂

看板にはお店の名前、「幸福堂」の文字。

以前から、なんか知っているような、知らないような‥‥。
何とも言えない妙な感覚を覚えました。

有名な和菓子屋さんだったのかな?

静岡出身の私は、本当にメジャーな和菓子屋さんしか知りませんので、
京都で生まれ育った妻に聞いてみましたが、
「幸福堂」なんて知らないとか‥‥。

それ以降、「幸福堂」の事はすっかり忘れ、
毎日、自転車通勤を繰り返す日常を過ごしていました。

ところが1週間ほど前の晩、
ベッドの中で眠りに付こうとしている私の頭の中に突然稲妻が走って、
ある記憶がよみがえってきました。

私はベッドを飛び出し、クローゼットの中をひっくり返し、
やっと見つけ出しました。

見つけ出したそれを見て、ビックリ仰天です。
それがこれ↓

幸福堂の古い包装紙

「幸福堂」の看板を見た時に覚えた妙な感覚の正体が分かりました。
どうやら幸福堂の古びた包装紙の切れ端のようです。

実はこれ、だいぶ前に静岡へ帰省した際、
父親から「持っておくように」と言われ渡されたものです。

なぜ父親がこんなものを大切に持っていたのか?
実に不思議です。

これを父親から渡された時に、理由を聞いたような気はするのですが、
だいぶ前の事なので、記憶にありません。

いつ渡されたのかもよく覚えていません。


そこで翌日、静岡の実家に電話をして包装紙の意味を聞いてみると、
驚きの事実が判明したのでした。


この続きはまた後日。

posted by ポラリス at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

四条烏丸のオフィスビルに事務所を借りました



これまで、自宅兼用の事務所で仕事をしてきましたが、
この度、事務所を借りる事にしました。

昨年の末ごろから、いつも一緒に仕事をしている
いとぐち不動産の四宮さんにお願いして、
探してもらいました。

さすがに不動産屋さんだけあって、
ネットには出ていない、掘り出し物件を見つけてくれました。

四条烏丸の事務所

場所は四条烏丸から
南西に歩いて5分ほどのところにあるオフィスビルです。

繁昌町というところで、高辻通りに面しています。


大きな地図で見る

広さは14.5畳ほど‥‥。
私一人ですので、充分ですね。

6階、南東の角部屋なので、
南側の眺望が開放的で、
それも気に入って、ここを借りる事にしました。

すごく明るいのですが、
夏はちょっと暑いかも知れませんね。


本日、部屋のセキュリティーカードと鍵を受け取りました。

これから電話を引き込んで、家具を揃えて、
実際に稼働できるようになるのは3月ぐらいかな。

早速、来週の月曜日辺りに
大阪のIKEAに行ってこようかな‥‥。

頑張って、ここでバリバリ仕事しましょう。

posted by ポラリス at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

工事中の4ケ所の現場、仕事始め



年末年始の休みが終り、
今週からどこの現場も動き始まました。

現在、4ヶ所の現場が工事中です。

昨日と今日の二日に分けて、それぞれの現場の様子を視察してきました。



京都市南区 U様邸 施工:クラハラ
京都市南区の現場   更に詳しい写真はこちら

ここは現在基礎工事中。
今日は、すでにコンクリートを流して養生しているところですが、
写真は昨日、コンクリートを流す前の状況。

コンクリートを流してしまうと、
配筋がどうなっているのか分からなくなってしまうので、
いつもこのタイミングでチェックします。

どんなところをチェックするのかはこちらをどうぞ。
   →住宅の基礎工事

こちらの現場ではWB工法を採用しています。

季節に応じて衣替えするような感じで、
家の温熱環境をコントロールします。



京都市北区 S様邸 施工:小川建設

京都市北区の現場   更に詳しい写真はこちら

こちらは先月、上棟しました。
柱は全て4寸(120mm角)で、普通より一回り太いので、
すごく迫力があります。

柱は全て高知県の製材所から仕入れた高地杉です。

昨日は換気システムを設置していました。

年末の時点では、ベランダの防水工事がまだできていなかったので、
30日に降った雨で、屋内に雨が侵入し、
2階床の合板を濡らしてしまいました。

昨日、その辺りもチェックしましたが、
大丈夫そうです。

合板は雨に濡れると、よく黒ずんだりしますが、
それも有りませんでした。



京都府城陽市 M様邸 施工:OKAMURA工房

京都府城陽市の現場   更に詳しい写真はこちら

こちらは、もう一息で完成です。

セルローズファイバーで断熱されているためか、
家の中に入ると、シーンとして静かです。

他の断熱材よりも、吸音性に優れているのでしょうね。

今週いっぱいで、大工さんの造作工事は完了し、
来週からは内装工事に入ります。

来月、お引渡しです。



京都府木津川市 K様邸 施工:大成

京都府木津川市の現場   更に詳しい写真はこちら

こちらは年末に断熱工事が完了しました。

SA-SHEの家という外張り断熱の2重通気工法です。

気密測定はまだこれからですが、
いつもC値が0.3とか0.2という数値を出しているので、
今回はどんな数値になるのか楽しみです。



4ヶ所の現場とも、全く違った考え方の家づくりをしています。

どの工法がベストなのか?
それは一概には言えません。

人それぞれ、優先順位が違いますから、
人によってベストな工法も変わってきます。

また、工法以上にその工務店との相性がとても重要です。

私としては、お施主さんが、
いかに納得して工務店選びができるよう、
価格や工法、社長の人柄といったような判断に必要な情報を
プロとして客観的な立場でご提供するだけです。

posted by ポラリス at 18:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ラジオ番組のリスナーからお電話が‥‥



私が出演しているラジオ番組のリスナーから
会社にご相談の電話がありました。

正確には、お電話を掛けてきた方はリスナーではなくて、
お電話を掛けてきた方のお友達がリスナーです。

お友達から、
ラジオに出ている私のところに相談してみたらと勧められて
お電話をしてきたのでした。

最近はラジオ関西でも1ヶ月間出させてもらったのですが、
どうやら、KBS京都の番組をお聴きになっている方のようです。

これまでも番組宛てにメールでのご相談はあったのですが、
直接、電話でのご相談は初めてです。


どんなご相談だったのかと言うと、
ハウスメーカーの工法に関するご相談でした。

ハウスメーカーだけに関わらず工務店でも
各社、自分のところの工法が1番だと言うので、
消費者側としては、何が良いのか分からなくなってしまいますね。

私としては、工法は関係ないと思います。


重要なのは「人」。


木造でも鉄骨造でも、
充填断熱でも外張り断熱でも、
しっかり施工されているのでしたら、何の問題もありません。

施工するのは当然「人」。
入居後のアフターフォローをするのも「人」。

どこのハウスメーカーが良いのかということもよく聞かれますが、
会社が対応してくれるのではなく、やっぱり「人」ですね。


先日もご紹介したこちらの動画ですが、

ハウスメーカー欠陥住宅の実例「不誠実な対応」

同じハウスメーカーであっても、
対応する人が違えば、結果も全く違ったでしょうね。

特に鍵を握るのが、
ハウスメーカーであれば、そのエリアを統括する営業所長。
地元の小さな工務店であれば社長です。

決裁権を持っている人がどんな人なのか‥‥
それが一番重要かもしれませんね。


20111222.JPGさて、KBS京都で私が出演している番組ですが、
1年間の契約でしたので、
今年いっぱいで終わりです。

当初は、
どれだけの人が聴いてくれるのか不安でしたが、
案外、反響もあり、楽しくやらせていただきました。

来週は最後の収録になります。

リスナーの皆さん、1年間お聴きいただき、
ありがとうございました。

ちなみに、これまでにKBS京都ラジオで放送した私の番組は
こちらでお聴きいただけます。

→ KBS京都ラジオ出演番組試聴

ラベル:ラジオ KBS京都
posted by ポラリス at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

消費税増税を機に住宅を取得‥‥本当にそれで良いのか?



昨日、家づくりセミナーを開催しましたが、
参加者からお話を聞くと、
やはり、消費税増税を意識されているようです。

住宅セミナーの様子 昨日のセミナーの様子

消費税増税法案が衆議院で可決されて以降、
私のところに来る問い合わせ件数も多くなりました。

消費税増税に間に合うようにするためには
どのようなスケジュールで家づくりを進めたらいいのか
という事について、以前、このブログでも書きました。

 →消費税増税と住宅取得の時期


今日、新聞でも報じられていましたが、
消費税増税の駆け込み需要により
住宅関連の売上は2割増が見込まれているようです。

その駆け込み需要を狙って、
大手ハウスメーカー各社は
新商品の投入や、あるいは、モデルハウスを増やすなど
既に様々な動きを見せているとの事です。

大手ハウスメーカーにとってみれば、
「東日本大震災の復興需要」と「消費増税による駆け込み需要」という
ダブルの追い風を受け、今が稼ぎ時といったところでしょう。

被災地の建設ラッシュの状況についても
以前、このブログに書きましたので、ご参照ください。

 →東日本大震災被災地の住宅事情


売り手側から見ると
消費増税は、確かに絶好のチャンスですが、
消費者にとって、増税前に住宅を取得するというのは
本当にメリットがあるのでしょうか?


例えば、3000万円で家を建てるとしたら、
2014年4月1日に今よりも3%消費税がアップすれば
90万円の差になります。

ただ、家をキャッシュで買うという人はあまりいないでしょう。
ほとんどの人が住宅ローンを利用しますよね。

そこで、3000万円を借りて30年で返済する場合のことを考えてみましょう。

銀行でお金を借りれば、当然、30年分の金利が付く訳ですから、
3000万円の借入でも、今の一般的な金利だと
約4200万円を返済することになります。

金利と言うのはバカになりません。

もし金利が0.2%違うだけで、
30年間かけて返済する総返済額は114万円も違ってくるのです。
‥‥消費税の増税分を超えて、おつりが出ます。

銀行によって、金利が違いますから、
できるだけ金利の低いところを探すべきです。

また、金利は下落傾向にありますから、
消費税の増税後まで待って、金利が今よりも0.16%より下がっていれば、
その方が得だということになります。


あるいは、3000万円を借りて30年で返済するところを25年で返済すれば、
総返済額は約230万円も違ってきます。

返済期間もできるだけ短くすれば、
消費税増税分を大きく上回るメリットが出てきます。

ただ、あまり短くし過ぎると、
月々の返済が多くなって生活が苦しくなってしまうので、
どこまで短くできるのかがポイントです

それ以外にも、
固定金利にするか変動金利にするかといった事でも大きく違ってきます。


住宅ローンをどの銀行でどのような組み方をするのか‥‥、
その事をしっかり調べて、
自分に最もピッタリと合う住宅ローンを見つける事の方が
消費税増税分よりも、はるかに大きなメリットを得られます。

ところが、なんとか増税前に‥‥
ということで焦ってしまうと、
住宅ローンについて、じっくりと調べる事もできません。


まずは住宅ローンについて、徹底的に調べてください。

調べている内に消費税増税に間に合わなくなった‥‥

それでも良いんです!


それに、増税後の住宅取得について
国は何らかの優遇措置を検討しています。

ですから、何が何でも消費税増税に間に合わせる必要はないのです。

ラベル:消費税 住宅 増税
posted by ポラリス at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

消費税増税と住宅取得の時期



消費税増税法案が参議院で可決されました。

消費税は現行の5%から、
2014年(平成26年)4月に8%、
2015年(平成27年)10月に10%
へと2段階で引き上げられます。

そうなると、住宅は非常に高額ですから、
増税による影響は大きなものとなります。

現在、消費税5%で3150万円の住宅が
消費税8%になれば3240万円に、その差90万円。
消費税10%になれば3300万円、その差150万円。

できる事なら、この時期を機に
住宅を取得したいと思う方も多い事でしょう。


ここで問題となるのが、
住宅を取得する際に、どのタイミングで消費税がアップするのか?


消費税を税務署に納めているのは、
ハウスメーカーや工務店などの住宅会社です。

消費税は売上に応じて納めなければなりませんから、
住宅会社の売上が立つ時期がいつになるのかという事になります。

注文住宅の場合、契約時、着工時、上棟時、引渡し時、
‥‥と言う具合に分割して支払う事になりますが、
経理上、売上として成り立つのは「引渡し」の時期です。

したがって、
2014年(平成26年)3月31日までに
引渡しを受ければ、消費税率は5%が適用され、
2014年(平成26年)4月1日以降に
引渡しを受ければ、消費税率は8%となります。

消費税増税に間に合う家づくりのスケジュール←クリックで拡大

それを元に逆算してみましょう。

工事にかかる期間が4ケ月。
‥‥ですから、2013年12月下旬には着工しないと間に合いません。

更に、確認申請や詳細打合せにかかる期間が1ヶ月。
間取りを決め、見積りを出してもらい、契約するまでに3ヶ月。
‥‥ですから、
少なくとも2013年8月には、住宅会社が決まっていなければなりません。


まだ、1年も時間がある‥‥なんて思ってはいけません。


なぜなら、皆、同じような事を考えています。
その時になれば、駆け込み需要で、どこの住宅会社も手一杯。

何件も工事現場を抱えて、突貫工事になる事は避けられず、
とても丁寧に工事する事なんてできません。

もしかしたら、どこも手一杯で
工事を引き受けてもらえない、なんて事もあるでしょう。


そうならないためにも、
少なくとも、3ヶ月は前倒しして考えた方が良いでしょう。


それから、もう一つ。

以前、消費税が3%から5%に引き上げられた時には、
施行日の半年前までに、請負契約を済ませていれば、
引渡しが施行日を過ぎていても旧税率のまま、
という経過措置がとられました。

今回も、同じような措置が適用されるでしょう。

その場合、2013年9月30日までに契約。

消費税増税に間に合う家づくりの契約時期←クリックで拡大

逆算すると、契約するためには
間取りと仕様を決めて、金額を決定するのに少なくとも3ヶ月。
ということは、2013年6月末までには住宅会社を決めなくてはなりません。


‥‥その際、気を付けなければならないのが、
「間取りや仕様は後で、なんとでもなりますので、とりあえず契約だけでも‥‥」という言葉。

ハウスメーカーなどは絶対に言ってきそうです。

家づくりは何千万円もの大事業なのに、
間取りも仕様も決まっていない状態で、契約なんてしてはダメですよ。

posted by ポラリス at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

東日本大震災被災地の住宅事情


弊社のホームページ上で販売している
小冊子とDVDをご購入頂いた方からメールをいただきました。

その方は東日本大震災の被災地である石巻市で
お気の毒なことに、22メートルの津波に家を流され、
お父様もお亡くなりになったそうです。

メールを拝見すると、被災地の今の状況がよく伺えます。

長文ですが、
頂いたメールを全文そのままご紹介します。
(ご本人には許可をいただきました)

−−−−−−ここから−−−−−−−

高田 公雄様
 
はじめまして、●●と申します。
今回本2冊とDVD全て拝見させて頂きました。
もっと早く高田さんのホームページと出会っていればと後悔しています。

私は、昨年東日本大震災で被災し自宅も津波で流されてしまいました。
今はアパートを仮設扱いで、借り上げ住宅として住んでいます。
私の住んでいた石巻市は、宮城県の中でも一番被害が大きく、
雄勝町という町は海山に囲まれた人口4千人程の小さな町でしたが、
22メートルの津波に遭い町のほとんどは壊滅状態です。

4千人いた人口も今は1千人程に減ってしまいました。
今まで住んでいた所は、建築制限がかけられ、元の場所へ家を再建する事が出来ません。
家族で相談した結果、仙台に近い所に土地を求め再建することになりました。
私の実家も津波で流された為、母も一緒に住める家にしようと思いました。

土地探しも、家作りも初めての為、
インターネットで検索して安易に不動産屋に行くよりは、
ハウスメーカーの住宅展示場等を回って見た方がいいのかと思い
昨年10月から何ケ所か見て回りました。

宮城は今、津波で家を失ってしまった人が、
自力で再建しようとしている人達で住宅建設ラッシュになっている為、
今すぐ注文したとしても、
「家が出来るまで、早くて1年後です」とあっさり言われてしまうのです。

震災後亡くなってしまった父親の3回忌までには、
何とか建てたいと思っていて、焦っていたのも事実です。

たまたま回ったセキスイハイムだけは、
工場生産で工期が短く平成24年度中に入居できるとのことでした。

グランツーユーの2×6工法も地震に強く、
家中温度差が少ないと聞いてとても気に入りました。

主人も住宅建設ラッシュで職人の数が不足している状況で、
手抜きされるのも嫌だと言い、工場生産と、工期の短さを気に入ったのです。

ただ1つ大きな問題がありました。
それは、住宅ローンの事でした。

実は主人は、震災前は父親が経営する水産業の会社で
役員として働いていたのですが、津波で船も資材も全て流され、
放射能の風評被害の問題、また次男が大学進学を希望していた為、
海の仕事を再建するには、莫大なお金がかかることから、事業再開は断念し、
会社を休業状態にし会社員として土木業に従事したのです。

働き始めて間もない為、ローンが通るのか相談したところ、
営業の方に「大丈夫ですよ」と言われ
全てセキスイハイムに任せる事にしたのです。

土地もハイム所有の土地でした。

昨年11月に契約を迫られ、契約してしまいました。
それからほぼ毎週打ち合わせが始まりました。

営業担当は31才の若い営業マンでした。
打ち合わせが進む中、主人と二人で
「このように進めていてもローンが通らなければ何にもならないのに、
本当にローンは大丈夫なんですか?」としつこく何度か聞いたのですが、
営業担当はその都度「管理の方が大丈夫だと言っているので大丈夫です。」
と言い張るので、信じてしまいました。

主人の年齢も45才なので、
ローンは東京で仕事をしている長男と
リレーローンで組む事になり進めていきました。
 
今年5月に入り1週目の打ち合わせは、建築士の方を交えての確認で、
あとは、仏壇の大きさを店で確認してきて欲しいとの事で、
4時間くらいの打ち合わせでした。

その打ち合わせで初めてローンの詳細を聞き愕然としました。

私達は、住宅支援機構の被災者向けに出している
復興住宅融資を利用するものだと思っていたら、
日本住宅ローンという会社でフラット35で申し込んだというのです。

私は納得出来ず、「何故、復興融資じゃないんですか?」と聞いたら、
「復興融資でもいいんですが、
支払いの総額からするとさほど変わらないんです」と言われ、
申し込みが終わった後ではどうすることも出来ませんでした。

打ち合わせの翌日、営業担当から主人に電話があり、
住宅ローンが通らなかったと言う電話でした。

主人も私も呆然としてしまいました。
セキスイハイムの方も何故駄目なのか納得いかないと言っていたみたいですが、
こちらの方が今まで半年以上の歳月を費やし、やってきたのは何だったのか、
訳が分からなくなってしまいました。

納得がいかず、住宅ローン会社に理由を求めたところ、
やはり勤続年数の少なさ、リレーローンにする長男の年齢が21才で
ちょっと弱いということ、ローンの金額が高いことを言われたみたいです。

住宅に関する全てを、
セキスイハイムに任せすぎてしまった自分達が本当に甘かったなあと反省しています。
やはり、高田さんの言うとおり家を建てるというのは、事業なんですね。

インターネットで住宅関連を調べていたら、
高田さんのホームページに辿りつきました。

本を読んでメーカーの裏側が分かってしまうと、うなづく事ばかりでした。

今回はローンが通らないとの理由で、
契約を取消しても契約時に支払ったお金は戻るそうなので、
ハイムでの建設は取りやめることにしました。

もっと早く住宅CMサービスを知っていればと悔やんでなりません。

住宅CMサービスは宮城県にはまだないようですね。
私達のように住宅に関して知識のない人がたくさんおられると思います。

特に被災地は突然家を失って、
何とか自力で再建しようとしている人達がたくさんいると思います。
申し込みに対して受注が追い付かない状況で、職人の人手不足も聞こえる中、
欠陥住宅がかなり出てくるのではないかと不安でなりません。

このような時こそ、住宅CMサービスのような
メーカー(工務店)と施主との中間に入って下さる方が必要不可欠だと身にしみて感じます。

近ければ高田さんにお願いしたいところですが、
京都では、あまりに離れていて、依頼するのは現実的ではないでしょう。

宮城で住宅CMサービのようなサービスを行っている所を探したら
NPO法人で立ち上げている方がいました。

今度計画する時は資金計画から、土地選び、工務店選びも相談しながら、
焦らず慎重に進めて行きたいと思います。
 
大変長くなって申し訳ありません。

住宅CMサービスの事を知ることが出来本当に良かったです。
ありがとうございました。
 
宮城県東松島市○○○○○○4○−2 ○○○○○102号 ●●●●


−−−−−−ここまで−−−−−−−


ハウスメーカーをはじめとする色々なところが
被災地の復興需要に群がっている状況が想像できます。

日本住宅ローン(株)は
セキスイハイムが他のハウスメーカーと共同で出資した会社なので、
そこを利用するというのは決まりごとになっているのでしょう。

施主の事情は無視して、自社の都合が優先されているようです。

私が、この方の家づくりのお手伝いができると良いのですが‥‥

posted by ポラリス at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

出演中のラジオ番組、過去の放送を試聴できるページを作成


20111222.JPG私が出演しているラジオ番組
KBS京都ラジオ
WHO's who「マイホームへようこそ」
(毎週木曜 午後5:55〜)

京都の人でなければ、
なかなかお聴きいただけませんが、
この度、過去に放送した番組を
私のHPで視聴できるようにしました。

こちらです↓
KBS京都ラジオ 出演番組視聴

改めて聴き直してみると、
たまに、我ながら結構面白い話をしていますね。

先日は視聴者の方から、
番組宛に2件ほどメールをいただきました。
‥‥いやっ、本当に嬉ですね。

もう収録済ですが、
今後、このブログでも書いた、私の回想録の話をしていきます。

放送されましたら、随時アップしていきます。


posted by ポラリス at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

ネパール料理の Partik(パラティク)というお店に行ってきました


今日のお昼は、久しぶりに妻と外食。

近所にできたネパール料理の Partik(パラティク)というお店に行ってきました。

九条通り沿いにあるのですが
ここは半年前まではカニ料理のお店で、
外から見ると、看板を掛け替えて、ネパール国旗を立てているだけ。

それ以外はカニ料理屋の時のまま。

中に入ると、エスニックな顔立ちで
片言の日本語を話すスタッフが4人。

壁にポスターや布が掛けてあって、
エスニックな感じにはなっているのですが、
やはりカニ料理屋の時のまま。

テーブルもそうですし、テーブルの上の割り箸入れもそのまま。
料理もカニ料理屋の時のトレーに載せて出てきます。

2階は座敷になっているらしい。

いやはや、なんともシュールでユニークな‥‥。

そして、出てきた料理に、またビックリ。

20120625.JPG

ナンが大き過ぎる。

美味しかったのですが、
私も妻も、半分しか食べられませんでした。

すると、店員さんが片言の日本語で
「オモチカエリシマスカ?」と言うので、包んでもらいました。

持ち帰りができるなら、妻か私のどちらかのナンを半分に分けて、
残り1枚を、そのまま取っておけば良かった。

カレーは辛さが5段階から選べて、妻は大辛、私は激辛。
大辛の辛さは、日本のレトルトカレーの激辛レベルといったところでしょうか。
辛いものが大好きな人でしたら、激辛でも物足りないかもしれませんね。

カレーの味は、なかなか美味しかったですよ。

また、お昼時に通りかかったら、入ってみようかな。

posted by ポラリス at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

大手ハウスメーカー欠陥住宅のその後


昨日、Aさんから電話がありました。

Aさんというのは、
ある大手ハウスメーカーで家を新築されたのですが、
床の不陸(ふりく)がひどく、
そのハウスメーカーを相手に訴訟も考えておられます。

不陸(ふりく)というのは
フラットではなく、傾いていたり膨らんでいたりすることです。

Aさんのお宅の状況は動画にして
以前、このブログでもご紹介しました。

その動画とはこちら↓

大手ハウスメーカー欠陥住宅の実例 Vol.1

大手ハウスメーカー欠陥住宅の実例 Vol.2
 

Aさんのお話によると、2〜3日前に
弁護士を交えて、そのハウスメーカーと立ち合いがあったそうです。

7月にはハウスメーカー側が
どのような対応をするのかがハッキリし、
もし、床の修繕に応じない場合は裁判に訴えるそうです。


この、Aさんの状況をご紹介した私の動画ですが、
YouTubeにアップして以来、徐々に再生回数が増え、
現時点で
Vol.1が1日に400〜500回再生されていて、トータルで18,250回
Vol.2が1日に150〜200回再生されていて、トータルで6,286回

思いの外、反響が大きいです。

このハウスメーカー側もこの動画の事を知っているそうです。

動画上では実名を伏せてあるのですが、
さすがに当事者には、すぐに分かってしまいますね。

このハウスメーカーの人でなくても、
これだけ再生回数が多ければ、
分かってしまう人も沢山いるかも知れませんね。


それにしても、床の修繕をこれだけ求めているAさんに対し、
このハウスメーカーは、
なぜ素直に応えようとしないのでしょうか?

誰もが知っている大手企業ですから
家の1軒を直すぐらい、大した費用ではないはず。

むしろ、資本力のない小さな地元工務店の方が
真摯な対応をしてくれるでしょう。


もしかして、このハウスメーカーでは
Aさんのお宅以外にも、
同じような床の不陸のクレームが沢山あって、
Aさんに対応してしまうと、
他のクレームにも対応しなければならなくなるので、
それを恐れているのかな?
‥‥なんて、変な詮索をしてしまいます。


この先、Aさんがどうなったのか、
進展があり次第、このブログでご紹介します。

posted by ポラリス at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

家づくりセミナーのダイジェスト動画を作成


一昨日、開催した家づくりセミナーをビデオで撮影しました。
色々な実例をご紹介たのですが、実名を出してお話しているので、
一般に公開することはできません。

弊社にご相談に来られた方の参考資料としてお渡しすることにします。

どんなセミナーだったのか?
とりあえずダイジェスト動画を作成しましたので見てください。



ラベル:動画 セミナー
posted by ポラリス at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

雑誌の女性セブンから取材が‥‥


今日発売の小学館「女性セブン」2月23日号の92ページに
私の記事が載ってます。

表紙が今、超話題の赤西仁さんですね。


IMG.jpg  seven_kizi.jpg


先週、取材を受けて、
耐震リフォームについての情報提供をいたしました。

昨年、東日本大震災があり、
首都圏では、向こう4年以内にマグニチュード7クラスの直下型地震が
70%の確率で発生するという発表がありましたし、
表紙の中西仁さんぐらい非常にタイムリーな話題ですね。

掲載されているのは、その時お話した内の
一部だけですが‥‥。

掲載されていない話題の中で、
一つ重要なことがあります。

それは‥‥‥

最近の新築住宅は
耐震基準も厳しくなっていますし、
地盤調査もしますので、
まだ、良いのですが、
やはり、問題は古い住宅です。

ひとつ目安となるのが、
1981年(昭和56年)以降に建てられたかどうかという事です。

実は1981年に、耐震基準が大きく改訂されました。
1981年よりも前は、すごく甘い基準で建てられていたのです。

消費者にとっては、あまりありがたくない話ですが、
特に建売住宅なんかでは、
耐震基準が改訂される前に、駆け込みでドンドン建てられました。

1981年よりも前に建てられた住宅は要注意です。

ただ、1981年以降なら大丈夫かというと
そうとは言いきれません。

木造住宅の耐震性が、強く求められるようになったのは
1995年の阪神大震災以降ですし、
地盤調査が戸建て住宅でも行われるようになったのは
ここ10年ぐらいです。

耐震性を確かめるためには
耐震診断を受けるのが一番です。

もし私にご相談いただきましたら、
耐震診断をいたします。

ただ、簡易な耐震診断であれば、
やり方さえ知っていれば、誰でもできます。

近々、私のホームページ上で、
耐震診断のやり方をご紹介することにしますね。



posted by ポラリス at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

KBS京都ラジオで初の収録


実は私、KBS京都ラジオで、
来年から番組を持たせてもらうことになったのです。

わずか5分間の
「My HOME へようこそ」という番組ですけど‥‥。

昨日はその初めての収録でした。

20111222.JPG

これまでにも、テレビやラジオに
ちょろっと出させてもらった事はありましたが、
メインで出るとなると、緊張しますね。

何を話そうかと色々考えましたが、
小難しい話はさて置き、
恋バナに家づくりを絡めてみたのですが、
どんな話になったことやら。

KBS京都ラジオのエリアの方は
ぜひ聴いてみてください。

来年の毎週木曜日、午後5時55分〜6時に放送します。
ラベル:ラジオ 収録 京都
posted by ポラリス at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。