最近の記事

2014年11月24日

しつこい迷惑電話、困りますね 050-5805-0643&4870&0660


会社のホームページを出していると、営業電話がよく掛かってきます。

ホームページには会社の電話番号を公開していますし、
営業の電話が掛かってくるのは仕方ないのですが、
集中して仕事をしている時に限って掛かってくるので、
正直、うんざりしています。

特に最近、頻繁に掛かってくるのが、
リカオン株式会社というところの、SEO対策についての営業電話。

今日は050-5805-0643という番号で掛けてきたのですが、
数日前は050-5805-4870という番号でした。
その前は050-5805-0660、
さらにその前は050-5805-4841。

着信拒否の設定をされても大丈夫なように
いろんな番号で掛けてくるのでしょうね。

とにかくこのリカオンという会社の営業電話はしつこくて、
必要ないと言っても、なんだかんだと言ってなかなか電話を切ってくれません。

検索してみると、みんな同じように困っているようですね。
何とかならないものでしょうか?




posted by ポラリス at 11:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 迷惑情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

「ベストライフケア株式会社」の社債による投資詐欺が横行しています


新手の投資詐欺の電話がありました。

皆さんのところにもあるかも知れません。
その巧妙な手口をお伝えしますので、
皆さんも気を付けてくださいね。


事の始まりは2週間ほど前の事です。

日興キャピタル(何やら日興証券を連想させますね)の
藤森さんと名乗る人から
「ベストライフケア株式会社の情報を集めています。
 高田さんのところに
 パンフレットなどが送られてきてませんか?」
という電話が入りました。

話を聞くと
ベストライフケア株式会社は介護用品のメーカーで
ハートレットという自動排泄処理装置を開発し、
NHKや日経新聞などで取り上げられ
今、注目されているとのこと。

そのベストライフケア(株)が
京都で工場建設の計画があり、
社債を発行するらしく、
京都でその社債の購入者を募っているとか。

私のところに電話をしてきた日興キャピタルは
その社債を大量に購入したいという投資家からの依頼で、
シラミ潰しに京都の方へ電話をかけ、情報収集しているらしい。

「何か情報が入ったら連絡をして欲しい」と言い残し、
電話を切りました。


すると二日ほどして、
今度は野村パートナーズ(野村証券を連想させますね)の
橋本さんという人から
全く同じ内容の電話が‥‥。

そしてしばらくすると
また別の会社から同じ内容の電話が‥‥。


なんだかよく分からないけど、
ベストライフケア(株)というのは
そんなに注目されているのか?

と思っていると、
(なんかすごく怪しい‥‥)

私の家にライフケア販売というところからDMが送られてきて、
そのベストライフケア(株)のパンフレットが入っていました。

20100927_01.jpg

20100927_02.jpg 20100927_03.jpgそしてパンフレットと一緒に
社債を募る用紙が‥‥。

そこには
1口20万円
年利12%1年償還
募集人数49人

そして、下の方に小さな文字で
「有価証券投資は、有価証券の発行者の経営・財務状況の変化により損失を被ることがあります。」
とあります。

つまり、
「年利12%で1年間お金を貸してください。
 でも、状況が変わればお金は返ってきません。」
ということです。

ますます怪しいです。


パンフレットが届いてから3日後、
再び日興キャピタルの藤森さんから、
「その後、何か情報が入っていませんか?」
という電話が‥‥。

パンフレットが届いた事を伝えると
「えっ!本当ですか?!」
‥‥とすごく驚いている様子。

そして私に、ライフケア販売に電話して
募集人数はあと何人残っているのか聞き出して欲しいと言うのです。

「なんで私が‥‥?」

と言うと、

ベストライフケアの社債の購入権利は
パンフレットが送られてきた人にしかなく、
投資会社が尋ねても、一切答えてくれないので、
私にお願いしたいという事だそうです。

せっかくなので、チョッと付き合って
電話をしてみる事にしました。


ライフケア販売が言うには
募集人数49人のうち47人がすでに埋まっていて、
残りは2人だけだとか。

1人30口までは購入可能らしい。

しかも、今週いっぱいで
残り2人分も埋まってしまうのではないかとのこと。


その事を日興キャピタルの藤森さんに伝えると、
ベストライフケアの社債を私に購入してくれないかと言うのです。

購入した社債は日興キャピタルが2倍の値段で買い取るとか。


さすがに、もうこれ以上は付き合っていられないので
丁重にお断りしました。

すると、すぐに別の会社からも電話がかかってきて、
そこは2.5倍の値段で買い取るとか。


そして、今日は日興キャピタルの
統括部長を名乗る人から電話があって、
3倍で買い取ると言うではありませんか。

なにやら、小松さんとかいう大口の投資家が
300口を集めてほしいと希望していて
あと10口足りないのだとか。

その小松という大口の投資家が
3倍で買い取っても良いと言っているらしい。


それにしても、なんて手の込んだ詐欺なんでしょ。

こうして文字にしてしまうと、
こんなのに引っかかる人いるの?
とか思われるかもしれませんが、

ひじょうに言葉巧みですし、
ベストライフケアという会社が
いかにも注目されているという事を仕込んでおいて、
実際にパンフレットまで作って‥‥、
サイトまで作ってあります。


もし、この話に乗ったらどうなるのでしょうか?

おそらく
社債は購入したものの
日興キャピタルやら、野村パートナーズは
なんだかんだと理由を付けて、
社債を買い取ってくれることは無いでしょう。

手元に残ったベストライフケアの社債も
償還期間の1年後には
経営状況悪化を理由にお金は1円も返ってこない。

もしかしたら、ベストライフケアという会社はつぶれていたりして‥‥。

そもそも、
ベストライフケアなんて会社、最初から存在していないのかも。


ベストライフケア(株)のサイトを見ると
何んとも品租なサイトですし、
GoogleやYahooで検索しても、スポンサーリンクの欄にしか出てきません。


ベストライフケア株式会社のサイト


とにかく、金融庁に電話して、このことを伝えておきました。

楽して儲かる話なんて、
この世の中にころがっているなんてことありませんよね。

皆さん、決してだまされないでくださいね。

posted by ポラリス at 17:37| Comment(3) | TrackBack(1) | 迷惑情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。