最近の記事

2017年10月28日

(続)ついにやりました! ホームページが「https」になりました



前回の続きです

SSL/TLSのオプションに申し込んで
レンタルサーバーのGMOクラウドから
作業が終了した旨のメールが届きました。

後は私の方で、色々な設定をすれば完了です。

既に準備はしてあったので、
すぐ完了するはずでした。

ところが・・・・・!


サーバーがSSL/TLS対応になると、
当社のホームページには
これまでのアドレスだった
http://www.polaris-hs.jp
でもアクセスできますし、
https://www.polaris-hs.jp
でも、
https://polaris-hs.jp
でもアクセスできるようになります。

この状態だと、
同じ内容のホームページが3つ存在している事になり、
検索エンジンでの評価が大きく下がってしまいます。

そこで.htaccessというプログラムを使って
https://www.polaris-hs.jp

https://polaris-hs.jp
に集約する必要があります。

結局、私は https://polaris-hs.jp に集約しました。

具体的にどうなるのかというと

http://www.polaris-hs.jp

https://www.polaris-hs.jp
のどちらでアクセスしても
https://polaris-hs.jpにリダイレクト(自動的に転送)されます。

しかし、これが非常に難儀だったのです。

ネットで調べると
.htaccessというプログラムの記述例が沢山出てきます。

ところがGMOクラウドの場合、サーバーの構造が特殊らしく
ネット上に出ている記述例を片っ端から試してみたのですが、うまく動かないのです。

・・・で、GMOクラウドに問合わせてみると
「コンテンツの記述内容については、 弊社よりご案内できかねる」
との回答でした。

・・・それはないでしょう。

ただ、色々な記述例を見ている内に、ザックリではありますが
なんとなく記述内容が分かるようになってきました。

そこで記述内容を自分なりにアレンジしてみたところ
何度も失敗したものの、ついにうまく動く記述内容を見つけました。

それがこちら

――――――ここから――――――

RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !^on$
RewriteRule ^(.*)$ https://ドメイン/$1 [R=301,L]

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.polaris-hs\.jp
RewriteRule ^(.*) https://ドメイン/$1 [R=301,L]

――――――ここまで――――――

もし、GMOクラウドを利用されている人で
同じように困っている人がいましたら
これをご利用ください。

追記
記述の中の「ドメイン」には該当するドメインを記載してください。
www.付きのアドレスにリダイレクトしたい場合は
下半分の記述を
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^polaris-hs\.jp
RewriteRule ^(.*) https://www.ドメイン/$1 [R=301,L]
にしてください。
パーミッションは「644」です。



posted by ポラリス at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。