最近の記事

2017年10月17日

注意! 火災報知器の電池交換を


おそらく、皆さんのお宅にも
火災報知器が付いているかと思います。

2006年に新築、既存住宅を問わず、
すべての住宅に火災報知器の設置が義務化されました。

火災報知器01.JPG

その結果、火災による焼失面積は半減し、
火災による死者数も3割減りました。

ところがここに来て、
火災報知器の電池切れという問題が出てきました。




現在設置されている火災報知器のほとんどは
取付の簡単な電池式です。

NHKの調査によると、過去5年間に発生した火災の内
600件以上で、電池が切れているなどの理由で
火災報知器が適切に作動しなかったそうです。

火災報知器の設置がピークだったのは2008年。

そして、電池の寿命は10年前後です。

ですから、これから電池切れの火災報知器が
一気に増えていく事になります。

私の自宅でも、2008年に設置しました。

先日、自宅の火災報知器を調べてみたところ
とりあえず今のところ正常に作動しているようでした。

火災報知器の機種にもよりますが
作動の確認をするボタンが付いているので
電池切れかどうか、簡単に分かります。

火災報知器02.JPG

ただ、そろそろ電池切れの時期になってきているので
年末の大掃除の際には
火災報知器の電池交換をしようかと思っています。

皆さんも、作動の確認と
電池交換を考えてみた方が良いかも知れませんね。


posted by ポラリス at 16:40| Comment(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。