最近の記事

2016年11月30日

あちこち建てられる賃貸アパート この先どうなるの?


おそらく、今この記事を読まれている誰もがお感じになられるでしょう。
ご近所のあっちでも、こっちでも
賃貸アパートが次々と建設されているのではありませんか?

気が付けば、大東建託やSEIWA、レオパレス21
と書かれた看板が上がって工事をしている・・・。

大和ハウスや積水ハウス、セキスイハイム、パナホームなどの
大手ハウスメーカーも、戸建て住宅より賃貸アパートの売り上げの方が多い状況になっています。

空き家問題が深刻化し、
今後、日本の人口は減少の一途だというのに、
なぜそんなに賃貸アパートを建てる必要があるのでしょうか?

この状況を作り出している元凶は
・サブリースによる一括借り上げ
・相続性対策
・超低金利




こちらは、2015年に放送された
NHKのクローズアップ現代です。
「アパート建築が止まらない 〜人口減少社会でなぜ〜」

下はYouTubeにアップされている動画です




それにしても、賃貸アパートを建築するのは
どこもコマーシャルでよく目にする一部上場の超大手企業です。

我々消費者の多くは、なんとなく
大手企業は社会的に悪となる事はしないと思っているのかも知れません。

でも、大手企業は法を犯さないだけで、
法律で規制されていなければ、何んでもします。

歴史を振り返ってみれば、
チッソの水俣病、クボタの石綿被害、ミドリ十字の薬害エイズ
など、無数にそのような話が出てきます。


賃貸アパートにしても、
いずれ大きな問題となり、法の規制が掛かる事になるのでしょうが、
それまでの間に、稼げるだけ稼ごうと考えているのでしょう。

・サブリースによる一括借り上げ
・相続性対策
・超低金利

地主さんは、決して甘い誘いに乗ってはいけません。

posted by ポラリス at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444474090
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック