最近の記事

2015年08月30日

東京五輪エンブレムの選考は出来レース?


佐野研二郎氏の盗用が問題となっている
東京五輪のエンブレムですが、
正直、私はこの話にあまり興味がありませんでした。

しかし、先日公表されたエンブレムの原案を見て、唖然としました。

もしこれが本当に原案だったというなら、
エンブレムのデザイン選考は出来レースだと思わずにはいられません。

こちらが公表された原案。
東京五輪エンブレム原案

皆さん、これを見てどう思われます?

私は昔、デザイナーをしていましたが、
そうではない一般の人が見ても、
「これがプロのデザイナーの仕事なの?」と思われるのではないでしょうか。

以前、佐野氏は
他のアルファベットの文字に展開できるという様な話をしていましたが、
でも、このTの字を模ったものが五輪の顔となる訳ですから、
それがこれでは駄目でしょ!

ハッキリ申しまして、もしこれを佐野氏がデザインしたのなら
彼にはデザイナーとしてのセンスの欠片もありません。

東京五輪のエンブレムのデザインは
国内外を代表するデザイナーによる公募を実施して
104点の応募作品の中から審査によって選ばれた事になっています。

選ばれなかった他の103作品が、これよりひどい作品だったのでしょうか?
審査員のセンスも疑ってしまいます。


ネットで調べてみましたら、こんな記事を見つけました。
→ 東京五輪エンブレムの選考は出来レースだった!審査員と佐野研二郎氏につながり


エンブレムの選考の経過は全く公表されていませんし、
他の入選作品についても全く公表されていません。

結局、公共工事の談合のように内輪で仕事を回しあっているだけなので、
公表できる訳がありませんね。

盗用かどうかというよりも、こっちの方が大問題だと思うのですが・・・。



posted by ポラリス at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。