最近の記事

2015年07月26日

リビングは必ずしも南向きが良い訳ではありません



現在、私が作成しているプランですが、
リビングとダイニングが北側にあるんです。

土地探しのお手伝いしているのですが、
ようやく、良さそうな土地が出てきたものの、
その土地に希望通りの家が建てられるのかどうか分かりませんよね。

そこで、私がご要望をお聞きしてプランを作成し、
購入するか否かの判断材料にしてもらうのが目的です。


で、今回作成したプランがこちら。

1F ↓クリックで拡大
北向きにリビングがあるプラン

2F ↓クリックで拡大
北向きにリビングがあるプラン

方位は上が北になります。

なぜリビングが北側にあるのか?
それはこの土地の特性を考慮したからです。

この土地の中心から北を向いて撮った写真がこちら

北向きの風景

一方、中心から南を向いて撮った写真がこちら

南向きの風景

この地域は北側に下がっている斜面になっています。
写真を見て頂ければ一目瞭然、
北側は遮るものが無く、開放的で景色が良いのです。

この北側の景色を活かさない手はありません。

でも、北側は南側より部屋が暗くなるのでは?
・・・そう思われる方は少なくないでしょう。

確かに、太陽は南側にありますから、北側の部屋には直射日光は入りません。

しかし、実は直射日光よりも部屋の明るさに、もっと大きな影響を与える2つの要素があります。

一つは窓の大きさ。・・・当然ですね。

もう一つが、天空率です。

天空率とは、どれだけ空(そら)が見えるかという事です。

この土地の場合、圧倒的に北側の方が、空が広いです。
この土地だけではなく、この地域全体がそうですね。

ところが、近隣の家々を見てみると、
どの家も南側にリビングを配しているようでした。


何とも、もったいない。


私の専門は建築なので、
建築の立場から、土地の購入について、色々気を付けて頂きたい事があります。

また、機会がある度に、その辺りの情報もお伝えいたします。



posted by ポラリス at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。