最近の記事

2015年07月09日

住宅の防犯対策 窓ガラスに防犯フィルムを貼りました


先日に引き続き、簡単な防犯対策のご紹介です。
今回はガラスの防犯フィルムです。

空き巣の侵入経路の6割以上がガラス破りによるものです。
ハンマーでガラスを割ったりする訳ですが、
ただ、それだと大きな音が出てしまうので、
実は音も少なく、どこにでもあるような道具を使って
簡単にガラス破りをする方法があります。

空き巣は窓から侵入

この方法がガラス破りとしては最もよく使われる手のようですが、
どのような方法なのかは、ここでは伏せておきます。

防犯フィルムは、できればガラス全面に貼るのが良いのですが、
素人にはかなり難しいので、業者に頼んだ方が良いでしょう。

そうなると、掃出し窓1か所で、材工2〜3万円は掛かるでしょう。

それだけの費用をどう捉えるか、というところですが、
A3サイズの防犯フィルムが2枚入りで、数千円で売っています。

それを、クレセントの周りだけに貼るだけでも
ある程度の防犯効果はあります。

実際に貼ってみましたので、動画にてご覧ください。
素人でも簡単に貼ることができます。

動画長さ:3分40秒


泥棒が侵入を諦める時間として、
2分が17%
2〜5分が51%
5〜10分が23%
というデータがあります。

侵入時間がかかればかかるほど諦めやすくなるので、
防犯フィルムの役目は、侵入時間を長引かせる事にあります。

更に、窓の場所によっても違ってくるでしょう。

道路側の人目に付きやすい場所であれば、短時間で諦めるでしょう。
それであれば、クレセント周りだけでも充分な効果があるでしょう。

この防犯フィルムが販売されているアマゾンのページにリンクしておきます。



しかし、2階の手すり壁で囲まれたベランダなどは、
人目に付きにくいので、いくらでも時間を掛けることができるでしょう。
そのような場所はガラス全面に貼るか、
あるいは、先日ご紹介したウィンドウアラームなどで対応する方が良さそうですね。



posted by ポラリス at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。