最近の記事

2015年06月11日

山口県のお酒「獺祭」・・・美味しかったです


先日のブログでも書きましたが、
獺祭(ダッサイ)のお試し3本セットを買ってきました。

獺祭のお試し3本セット

左は精米歩合「五割」
右は精米歩合「三割九分」
中央は精米歩合「二割三分」
それぞれ180ml、1合ずつの小さな瓶です。

日本酒が好きな人はよくご存知かと思いますが、
精米歩合というのは、お米をどれだけ削ったのかを表す数値で
精米歩合が39%(三割九分)の場合、61%を削ったことになります。

精米歩合の数値が小さいほど、より削った事になります。

日本酒の原料となるお米は、
できるだけ表面を削って、心白と呼ばれる米の中心部だけを使うようにすると
雑味が無く、美味しいお酒を作り出す事ができます。

ちなみに精米歩合が50%以下を
大吟醸あるいは純米大吟醸と呼びます。

ですから、獺祭の精米歩合「五割」でも
雑味が無く、本当に飲みやすかったです。

しかし、三割九分を飲んでビックリ!

ましてや二割三分に至っては
クリアで全く癖もなく、スーッと抵抗なく喉を通っていきます。

獺祭は比較的辛口なので、辛口が好きな私にとっては
これ以上ないお酒です。

でも、獺祭にはさらに上のランクがあり、
720mlが3万円以上の価格で売っていました。

いつか飲んでみたいですね。

ところで、つい先日、こんなのが売っていたので買ってきました。

獺祭のスパークリング(にごり酒)

獺祭のスパークリング(にごり酒)
左が五割の720ml 1800円(税別)
右が三割九分の360ml 1550円(税別)

これがまた楽しみです。



posted by ポラリス at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。