最近の記事

2014年05月01日

京都府精華町でリフォーム工事が始まりました



京都府精華町のF様邸でリフォーム工事が着工。

京都府精華町のF様邸外観のビフォー 京都府精華町のF様邸リフォームの解体

柱と梁を残してスケルトンの状態まで解体し、
耐震補強を施して、新築住宅のように生まれ変わります。

リフォームというよりも、
リノベーションと言った方が良いですね。

当社は新築住宅がメインで、
特にリフォームやリノベーションの事は謳っていませんが、
実は過去に何件かご相談を受け、対応しています。

お施主様のFさんとしては、
できれば新築住宅に建て替える事がご希望ではあったのですが、
土砂災害特別警戒区域に指定されていて
新築住宅を建てるのは、ほぼ絶望的な状況でした。


いつもの新築工事でしたら、
まずはプランを作ってから、競争入札となりますが、
リフォームやリノベーションとなると、チョッとそれは無理です。

新築工事とは違って、
施工のやり方が何通りもあるでしょうし、
実際に壁や床を剥がしてみないと分からない事が多々あります。

公正な競争入札をしようと思えば
細部に至るまで建物の状況を調査した上で、
プランを練り上げて、実施図のように精密な図面が必要になりますし、
新築工事のようなパターン化された見積書という訳にはいかないので、
かなり複雑な拾い出しをして、入札に参加する各工務店に
懇切丁寧に、その内容を説明しなければならなくなるでしょう。

それらの作業だけで、かなりの費用が掛かってしまいますし、
それをお施主さんに負担してもらって、
それに見合ったメリットがあればいいのですが、
とてもそうは思えません。


ですから、もっとシンプルに
登録工務店の中から、京都府精華町で施工可能な工務店のホームページを
お施主さんに見てもらい、気に入った数社と面談をして
どこに工事を依頼するのかを決めてもらったのでした。


これを機会に、リフォームやリノベーションを
もっと積極的に請けても良いかも知れませんね。



posted by ポラリス at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。