最近の記事

2012年11月16日

木津市K様邸 上棟しました


木津川市のKさんは、ここに至るまで長い道のりでした。
ともかく、ようやく上棟です。

20121115_2.JPG  20121115_1.JPG

Kさんは土地に関する相続の手続きが必要で、
その際、成年後見人を立てなければなりませんでした。

不動産業者であれば、そのような事は度々あると思いますが、
建築を専門としている私には、初めてケースでした。

別に私が何をしたという訳ではありませんが、
Kさんも後見人になる人も、細々とした書類を揃えて、
家庭裁判所にも行って‥‥。

これが、なかなかうまく進まなくて、
本来なら今年の2月には着工しているはずだったのですが、
結局、8ヶ月遅れてしまいました。


実は私もプライベートで、ややこしい相続の手続きを済ませました。

私の自宅ですが、建物は私の名義ですが、
土地は5年前に亡くなった義父の名義になっていました。

義父が亡くなった時、すぐに妻の名義に移せれば良かったのですが、
なかなか、そうはいかない訳がありました。

義父の相続人は妻と義妹の2人。

その2人で遺産分割協議をして、法務局で手続きをするのですが、
義妹はカナダ人と結婚し、カナダ在住だったので、
カナダ人と結婚したという戸籍上の手続きをして、
実印を作って、印鑑登録するところから始めなければなりませんでした。

義妹はキャビンアテンダントをしていて、
短期間、日本に来ることが度々あったので、
少しずつ、手続きを進めていたのですが、
ところが、義妹に癌が発覚し、入院。
結局、昨年末に亡くなってしまったのです。

そうなると、厄介な事に‥‥。

相続人は義妹からカナダ人のご主人に移ってしまったのです。

法務局へ相談に行くと、
「実印と印鑑証明が必要です‥‥」

カナダ人に実印と印鑑証明?

これはもう私の手には負えないので、司法書士さんにお願いしました。

司法書士さんの指示通りに書類を集めたのですが、
義妹のご主人は全く日本語が話せないだけではなく、
パソコンも使えないのです。

コミュニケーションの手段は手紙だけ‥‥。

「公証人役場に行って、宣誓供述書のサイン証明をもらってほしい‥‥」
これを英文にするにはどうしたら良いんでしょうね?

とにもかくにも、なんとか6ヶ月かかって書類を揃え、
妻の名義でなんとか登記することができたのでした。



posted by ポラリス at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。