最近の記事

2012年11月12日

【実例】ハウスメーカーの不誠実な対応



先月、某ハウスメーカーで家を建てた方からご相談がありました。

そのお宅には、
数百年前から代々受け継がれてきたご本尊を祭る大きな仏壇があり、
その仏壇を納める仏間を作る事がとても重要な事でした。

しかし、でき上がった新居の仏間は普通のサイズ。

なんとかしてほしいと訴えるのですが‥‥‥。

この家を建築したハウスメーカーはどんな対応をしたのか ?
動画に収めてきたのでご覧ください。

動画長さ:18分


ハウスメーカーの欠陥住宅の状況について
以前も、このブログでご紹介しました。

こちら↓
大手ハウスメーカー欠陥住宅の実例(1) 動画長さ:8分


今回のお施主さんは
以前、YouTubeにアップしたこの動画をご覧になり、
私のところにご相談に来られたのでした。

実は以前の動画も、今回の動画も
同じハウスメーカーなのです。


一般的な契約約款では、このように記載されています。

・工事が完成した後に、施主検査をする。

・施主検査に合格しなければ、引渡しができない。

・施主は引渡し後に、残金を支払う。


しかし、このハウスメーカーでは
そのようなルールになっていないようです。


今回の動画のお宅では、施主検査が無かったようですし、
以前の動画のお宅では、施主検査らしきものは有ったものの、
床は養生されたままで、完成後の美装はされていない状態だったとか。

また、どちらのお宅でも、
「残金を払ってもらわないと、引渡しができない」
というニュアンスで、支払いを要求されたそうです。

おそらく、このハウスメーカーでは
引渡し時のトラブルが多いのでしょ。

そこで、トラブルになる前に
資金を回収しようという事だと思いますが、
とても大手企業がやる事とは思えません。



posted by ポラリス at 14:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ハウスメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていだだいております、疑問点ですが、施主さんは設計中にそれほど大切な仏間の寸法を設計図上で確認して無かったのですか??通常は施主さんが最終確認してから工事着手承認をすると思いますが??工事中の現場の状況に不満を言ってましたが 不満箇所の証拠写真等は撮影してないのですか?? 施主さんがきちんとした最終確認をやっていたら防げる事案ばかりのように感じておりますが・・。

こんな質問は表示する承認はしてもらえないんでしょうか!?笑
Posted by イノウエタカヒロ at 2012年11月12日 22:13


この動画の管理者、
住まいづくりコンシェルジェの高田です。

イノウエさんコメントありがとうございます。
イノウエさんのコメントは大歓迎です。


イノウエさんの疑問点についてですが、
契約時点での図面を見させてもらったのですが、
1/100の簡単な図面で、仏間の幅が柱と柱の中心で910ミリの
一般的な寸法で描かれていました。

おそらくイノウエさんは、建築に長けている方のようですので
お分かりになると思いますが、1/100の図面が最終図面だったのです。

建築図面を見慣れている人であれば、
1/100の図面でも、仏間の寸法が910ミリだとすぐ分かるのですが
具体的に寸法を数値で表示している訳ではなく、
素人のお施主さんにしてみれば、
2回も仏壇を採寸し、確認してもらったので、
間違いないものだと思い込んでいました。

お施主さんは、施工後にこのハウスメーカーの態度が豹変したものの
引渡しの段階まで信頼を寄せていました。
従って、工事段階を写真で残しておこうという考えは全くありませんでした。

動画では、カットしましたが、ずさんな工事状況を訴えたところ、
このハウスメーカーは現場をバリケードで囲い、
鍵付の扉を設置して、現場の様子を見たい場合には
担当者にその日時を伝えなければ、見せてもらえない状況になったようです。

しかし、着工後、営業担当者とはほとんど連絡が取れない状態で、
結局最後まで、仏間がどうなっているのか、
現場で確認することができなかったのです。


Posted by 住まいづくりコンシェルジェ 高田 at 2012年11月13日 09:16
お返事ありがとうございます、お施主さんの意見が全てならHMの対応・説明にも問題があるとは思いますが、数千万の買い物をするのであればお施主さんも知識(最低でも設計図寸法を読める)をつけてHMを完全に信頼しない方が良かったですね、私なら重要な会話はICレコーダーで録音・連絡はメール・・しながら話を進めます!!所詮は施主とHMは利害関係ですから・・。
最終提案された設計図で工事着手承認したら手遅れですね、私も現在 某HMで設計中ですが
十分に注意して話を進めたいと思います。
今後もブログを楽しみにしていますので この件での今後を注視したいと思います。
Posted by イノウエタカヒロ at 2012年11月13日 21:03
9/11の欄に昨日コメントした質問太郎。です。昨日の段階では不陸のyou tubeしかみてませんでしたが、今、仏間のyou tube拝見させて頂きました。やはり地域性がかなりあるかなと思いました。察するところ、風習からS県の人ですか?(あくまで勝手な推定です。意に介さないでください。)不陸の人もS県の人ですか?(同じく推定)もし、そうだとするとS県の一条が施工も対応も話にならないと言うことでは。私の場合は設計後もやりとり頻繁でしたよ。報告も定期的にありましたよ。今のところは対応は問題なし。仕事が忙しい中、何度も現場に足を運びました。確かに入金が先という会社のシステムはどうかなと思います。十分引き渡し日に確認したいと思いますが、この間も向こうから現時点の不具合か所の報告と補修、交換を報告して来ましたよ。まあ、根幹ではなく、大したこと無い箇所でしたが。外構も紹介して頂いてそのままではありません。非常に風通し良く一条が間に入りお互い疎通連絡して進んでいます。施主が個々の下請けとかじ取りなんてことはありませんね。とにかく、you tubeの対応は私のかかわっている一条と全く違うものです。地区により随分と違うなと思いました。あとは、原因が部分的な地域の一条だとしても確かに本社はしりぬぐいすべきですが、結局、間に駄目なことをしてきた担当が絡み続けるから、余計に本社からのペナルティを恐れて、それこそ営業所ごとごまかす体質があるかもしれませんね。(本社にも施主にもごまかす) まあ、こんなyou tubeのを見ると不安になりますが、本当に現時点では僕のおうちはパーフェクトと言える進行具合です。一度、高田さんに評価してほしいぐらいです。ほんとにパーフェクトかあらが出てくるのか。まあ、お金を使って確認する程の余裕も無ければ不満もありません。個人情報が特定されかねない世の中ですので、私の地域は言えませんが、日本を広く区切った区切りでは同じ地方でありますよ。
Posted by 質問太郎。 at 2013年02月13日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。