最近の記事

2010年11月15日

松井修三さんの講演を拝聴しました。

iiiegahoshii.jpg「いい家が欲しい」の著者、
松井修三さんの講演を拝聴してきました。

住宅CMサービス会員工務店の
(株)大成さんが主宰の講演会です。

14年ほど前、私が工務店に勤めていたころ、
当時はまだ、高断熱高気密という言葉自体
あまり一般的ではありませんでした。

しかし、これからは高断熱高気密住宅だと思い、
高断熱高気密について調べていたところ、
これまた当時は、一般的にはほとんど知られていなかった
外断熱の存在を知りました。

ところが、当時、
外断熱の工法が体系化され確立されていたのが
カネカのソーラーサーキット工法と
アキレスの外張り断熱工法
の2つだけ。

結局私が採用したのは、アキレスの外張り断熱工法でしたが
カネカのソーラーサーキットを提唱しておられたのが
松井修三さんでした。

現在はカネカから離れ、
SA−SHE(エスエーシー)の家の普及に努められています。

10年前に発行された「いい家が欲しい」は
いまだにベストセラーとして売られています。

実はこの本が、SA−SHE(エスエーシー)の家の
最大の集客手段になっていいるのですが、
この成功を見て、今では工務店の社長が本を出版し
同じように集客手段にしようという行為が横行しています。

でも、全く上手くいっていないようです。

何しろ、その手の本のほとんどは
内容が薄く、つまらないモノばかりです。

本当に工務店の社長が書くのならまだしも、
文才を持ち合わせた人というのは、そう多くありません。

ですから、ゴーストライターに書かせるのですが、
ゴーストライターは建築の素人。

内容が薄くなって当然です。

中には、私の小冊子をパクっているものまでありました。

私の著作権を‥‥2010年01月21日


20101114.JPG松井修三さんの著書は
当然、SA−SHEの家を是としているので、
偏った考え方を主張しておられ、
ちょっとミスリードだなと
感じるところがあります。

ただ、
家づくりへの情熱や信念は伝わってきます。

初めて講演を拝聴させていただいて、
やはりその想いが、こもっていて、
お話もとても面白く、引き込まれてしまいました。

これなら、家づくりをする人の心をつかむでしょうね。

講演の後は、一緒に写真を撮ってもらいました。



posted by ポラリス at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。