最近の記事

2010年01月05日

年末は彦根へ家族旅行に‥‥2

年末、彦根で1泊し、帰路へ‥‥。

行きは高速を使ったのですが、
帰りはのんびりと京都まで一般道を。


20091229_1.JPGすると、近江八幡の辺りで、
「近江商人屋敷」と書かれた標識が
あちらこちらに出てくるではありませんか。

その標識に誘われ、行ってみると、
江戸〜明治時代のころの街並が‥‥。

近江商人の
お屋敷や博物館なんかを拝観できるようなのですが、
年末ということもあって、どこも閉館中。

残念。
別の機会に、また来たいですね。


ところで、近江商人と言って
すぐ思い浮かぶのが「三方よし」。

「三方よし」とは近江商人の商売上の心得でして、
「売り手よし、買い手よし、世間よし」という意味。

私は、この言葉が大好きです。

私が家づくりのサポートをする上でも、常にこれを意識しています。
商売の基本中の基本ですね。

「三方よし」でなければ、商売は上手くいきませんし、
仮に上手くいったとしても、長続きしません。


例えば「アフェリエイト」。

世の中には、自身のブログで商品を紹介し、
紹介料を頂く事を生業としている
「アフェリエイター」なる人たちが沢山います。

中には月に100万円も稼いでいる人もいるようですが、
実際に月1万円以上稼げる人は
1%程度だとか。


「アフェリエイト」自体は決して悪いものではありません。

私も買い物で、迷っている時など
他人の評価があれば、とても参考になります。


ところが、ほとんどのアフェリエイターは
「不労収入」という言葉に踊らされて、
「儲ける」ということだけになってしまっているようです。

毎日、キーワードランキングをチェックして、
ブログに集客できるキーワード探しをしているだけ‥‥。

それでは世の中に対して、何の生産性も無いじゃないですか!

どうしたら、もっと皆に喜んでもらえるのか?
‥‥そういう視点が基本になければ、駄目ですね。

どんなにテクノロジーが発達しても、
結局それを使うのは人間ですから、
「三方よし」は普遍的な商売の基本です。


‥‥さらに明日に続きます。



posted by ポラリス at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。