最近の記事

2015年09月27日

奈良市のSさんが工務店面談 様子を動画で撮影したのですが・・・


奈良市内で新築予定のSさんが工務店面談をされました。

奈良市のSさん大阪のキコリと面談
奈良市のSさん大阪の正南建設と面談
奈良市のSさん滋賀のはんべ工務店と面談

競争入札には7社の工務店がエントリーし、
その中から3社が選ばれ、各社の経営者と直接面談をしました。

面談の様子はSさんのご了承を得て、
いつものように動画撮影をさせて頂きました。

ところが、今回の動画はiphoneを使って撮影したのですが、
とんでもない事になってしまいました。

動画編集のためにパソコンにデータを移そうと思い、
家のノートPCにUSBで接続しました。
(これまで家のノートPCに接続した事はありませんでした)

すると、iphoneの画面にパスワードの入力を求める画面など
その他諸々の画面が現れ、指示に従って入力していくと、
PCを再起動するように指示があり、
指示通りにすると、iphoneが勝手に最新のOSである
iOS-9をダウンロードし始め、ダウンロードが終ると
なんと動画のデータが消えているではありませんか!

他の写真データも全て消えている・・・。

それどころか、連絡先のデータも全て消えている・・・・

しかも、iCloudの設定が間違っていたのか、バックアップが取れていない事が判明。あれこれ悪戦苦闘した結果、どうやら諦めるしかないようです。・・・参った(泣)。

アップルさん、あまりにも酷いです。

ちなみに妻はiOS-9のダウンロードの途中で「スライドでアップグレード」という表示のまま、どうにもならない状況に陥っています。しかもこの週末、iphone6Sが発売されたとかで、コールセンターにはつながらないし、アップルストアも人で一杯。

もう、どうしたら良いのですか!
ラベル:奈良 工務店 IOS
posted by ポラリス at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

その子猫、どこから連れてきたの?


毎日我が家にやってくる野良猫です。

親子ではない三毛猫と白黒の子猫

手前の白黒の猫は生後5〜6ヶ月ぐらい。
尻尾の先がカギのように曲がっているのでキーちゃんと呼んでいます。

奥の三毛猫は昔から毎日我が家に遊びに来ている3歳のメス。
スモモと呼んでいます。

キーちゃんを初めて見かけたのは7月ごろで、
スモモがオッパイをあげていました。

でも、スモモは毎日欠かさず我が家にやって来ていましたが、
お腹が大きくなった事は一度もありません。

おそらく、どこかよその子を育てているんですね。
どこから連れてきたんでしょうか?

実はスモモ、去年もそうだったんです。
昨年の記事はこちら↓
最近は姉猫が母親気取りです


昨年のスモモ↓
子猫たちに乳を与えている姉猫のスモモ

ちなみに、このとき育てていた子猫のうち
1匹は、よその家で飼い猫になっていますが、
もう1匹は急に姿を現さなくなり、
おそらく体が小さく弱かったので、亡くなってしまったんでしょうね。

2匹の実の母猫は昨年の冬、目が病気になったようで、次第に衰弱していき、途中から姿を見なくなりました。

何とかしてあげたかったので、捕獲を試みたのですが
手を伸ばすと直ぐに逃げてしまい、駄目でした。

可哀想ですが
野良猫ですから、あまり人間が関わらない方がいいですね。

ラベル: 野良
posted by ポラリス at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

京都府城陽市のI様邸が上棟しました


昨日もこのブログで鬼怒川の決壊の事を書きましたが
台風17号と18号の影響で
東日本では本当に大変な事になっていますね。

京都は何事もありませんが、
それでも、ぐずついた天候が続き、工事のスケジュールが組みにくい状況でした。

ただ、城陽市のI様邸は着工当初に台風の影響を受けたものの
基礎のコンクリートを流すタイミングで、
ちょうど雨が上がって、
足場を組むときは台風18号が最接近する天気予報だったのに
思いの外、早く通り過ぎてくれました。
土台を設置する際にも、京都市内では雨が降っていたのに
城陽市では雷の音が聞こえたりしたものの、何とか雨は降らずにすみ、
お陰で、予定通りに上棟する事ができました。

京都府城陽市のI様邸の上棟


ラベル:上棟 京都 城陽
posted by ポラリス at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

鬼怒川の決壊 へーベルハウスの建物が・・・


昨日決壊した、鬼怒川の様子は恐ろしい光景でした。
濁流に飲み込まれ、家が次々に流されていくなか、
陸屋根(フラットな屋根)の白い家だけは流されずに残っていました。

鬼怒川の決壊の現場のへーベルハウスの家

この家に流されてきた家が何軒か引っ掛かっていましたが、
それでも、ビクともせず、頑強な家である事が伺えます。

この残った白い家を
googleマップのストリートビューで見てみました。
それがこちら↓
鬼怒川が決壊した現場の新築時

ストリートビューでは、工事中になっていて
最近、新築したばかりのようです。
それなのにこんな事になってしまい、本当にお気の毒です。

でも、この家のお陰で、この家の中にいた3人、この家に引っ掛かった家の屋根で助けを待った2人と犬2匹、近くの電柱につかまって助かった1人・・・6人と2匹の命が助かりました。

仮囲いフェンスの絵をみると
どうやらへーベルハウスのようです。

へーベルハウスについて詳しくはこちら
 ⇒ へーベルハウスの評判・評価・価格


この後、この家はどうなるんでしょうね。
躯体が変形してしまったり、
水の流れで、建物下の地盤がえぐられたりしていたら
建て直さなければならないでしょう。

内装を直すだけで住む事ができたらいいのですが。


posted by ポラリス at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

「パクリ」にも技術が必要ですね


佐野研二郎氏デザインの五輪エンブレムが
ついに使用中止となりました。

今から中止となると大変な事になりますが、
先日公表された原案も盗作だった疑いがでて、
収拾が付かない状況になってしまいましたので、
中止する以外に道はありませんね。

ヤン・チヒョルト展の会場
写真は2013年のヤン・チヒョルト展の会場。
このTの字を盗用したとか。

一連のエンブレム問題については
色々な人から糾弾する声が上がっていますし、
私から特に申し上げる事はありません。


ここでは「パクリ」の技術について書かせて頂きます。


佐野研二郎さんは、五輪のエンブレムに限らず
他にも様々なパクリが指摘された訳ですが、
パクリの名人として、名高い人がいます。

それはアニメ界の巨匠、宮崎駿さんです。

ただ、宮崎駿さんの映画を盗作だという人は誰もいません。
佐野研二郎氏とは何が違うのでしょう?


30年前、「風の谷のナウシカ」を映画館で見た時には本当に感動しました。

でもその後、「デューン/砂の惑星」という小説が映画化され、
それを見た時に宮崎駿さんがメインテーマをそのままぱくっているのが分かりました。

でも、ぱくったのはそれだけではありません。
聞くところによると、色々なところから、色々なものをパクリまくっているようですね。

ところが「風の谷のナウシカ」も「ラピュタ」も「千と千尋の神隠し」も
宮崎作品として世界中から賞賛を受けています。


結局、「パクリ」であったとしても、
そこに全く新しい価値を生み出す事が
クリエーターの技術なんですね。

ただ、「パクリ」から新しい価値を生み出すのは
並大抵な作業ではないと思います。

むしろ、ゼロから作る方が楽かもしれません。

posted by ポラリス at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする