最近の記事

2015年06月28日

滋賀県大津市S様邸で地鎮祭。地盤調査の結果、杭工事になりそうです


滋賀県大津市のS様邸の地鎮祭は
天候に恵まれ、チョッと暑いぐらいでした。

滋賀県大津市のS様邸の地鎮祭

予定では7月10日ごろに基礎工事着工となっていますが、
地盤調査の結果があまり良くなかったので、
その前に地盤改良の工事が必要になるでしょう。

支持地盤までは深さ5〜8メートルほどあり
柱状改良か鋼管杭のどちらかですが、
街なかですので、隣地ぎりぎりで建てるので
おそらく鋼管杭工事になるでしょう。

地盤改良の種類についてはこちらをご覧ください

建築地はJR大津駅の北側ですが、
どうやらこの辺りは、全般的に地盤の状況は良くないようです。

posted by ポラリス at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

大手ハウスメーカーのI社で建築中。柱に大きなヒビ、苦情を訴えたのですが・・・


大手ハウスメーカーのI社で建築中のNさんより
ご相談の電話がありました。

Nさんは私がYouTubeにアップしている
下の動画をご覧になり、電話をしたとの事でした。

ハウスメーカー欠陥住宅の実例
動画長さ:8分34秒



Nさんは電話で開口一番
この動画は、もしかしてI社ですか?
 契約する前に、この動画に出会っていれば良かった!


動画ではハウスメーカーの社名は伏せていますが
Nさんのおっしゃる通りI社です。

このブログをご覧の方だけに、こっそりお教えします。
I社とはこちらのハウスメーカーです。

Nさんは茨城県で2世帯住宅を建築中、
ちょうど建て方を終え、上棟式を済ませたところです。

その上棟式の際、柱のいたる所に
縦に大きく裂けたようなヒビがある事に気が付きました

中には片面だけではなく
両面にヒビが入っている柱が何本かあり、
心配になったので、それらの柱を替えて欲しいと
I社に要求したとの事。

しかし、I社は問題ないと言い張るだけで、
Nさんの不安は募るばかりです。

納得できないNさんは工事を止めさせ、1週間ほどが過ぎたとの事で、
どうしたら良いのかというご相談でした。

ただ、もしこのまま工事をストップさせておくと
作業するはずの職人の予定に穴を開けてしまう事になりますし、
材料の手配も狂って、キャンセル料が発生したというような名目で
損害賠償を請求されるかも知れません。

あるいは、Nさんが不当に工事を遅延させたという事で
I社側から契約解除を求められ、違約金を請求されるかも知れません。

ともかく、Nさんに不利な状況である事は間違いありません。


家づくりをしている最中に
Nさんのような状況に陥ってしまう事は多々あります。

こんな時、住宅CMサービスが家づくりのサポートをしていれば
第三者の立場で、どちらの言い分が正しいのかを判定し、
適切な対処をする事ができるのですが・・・。


Nさんは工事が止まっている現場に行って
柱の状況がどうなっているのかを確かめ
写真に撮ろうと思ったのですが、
現場は厳重に施錠され中には入れない状態になっていたそうです。

その事でまたNさんの不信感は膨らみ、
I社はNさんに確認されないように
厳重に施錠しているのではないかと疑っていました。

いや、しかしそれは、変な人が現場に入って
イタズラをされるかもしれないので、厳重に施錠している訳で
決して悪意のある事ではないと思うのですが、
一度芽生えた不信感は次々に不信感を生んでしまいます

最初の不信感は契約の時だったそうです。

とりあえず仮契約という話しで、署名捺印したのですが、
それが実は本契約だったそうで、
こんな詐欺紛いな事をされるのであれば、
契約解除して、他の建築会社にしようと考えたそうです。

しかし、Nさんの奥さんと息子さんがI社を気に入っていて
それなら仕方ないかと、目を瞑る事にしましたが、
今となっては、あの時、契約解除を強く押し通せば良かったとの事です。


それにしても、私のところには
I社に対する苦情やクレームが非常に多く寄せられます。

他のハウスメーカーに対してのクレームもありますが、
I社はずば抜けて多いです。

もっと、お施主さんの方を向いて
しっかりと仕事をしてほしいですね。

posted by ポラリス at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

京都府城陽市Iさんが工務店と請負契約


今朝の京都は激しい雷雨でした。
私の自宅のすぐ近くに雷が落ちたようで、
凄まじい雷鳴で飛び起きました。

それはさて置き、昨日は城陽市のIさんが
工務店と請負契約を交わされました。

京都府城陽市のIさんが工務店と請負契約

競争入札には過去最高の10社がエントリー。
5月に2社の工務店と面談をされ、
Iさんもかなり迷われましたが、オカムラ工房さんが選ばれました。

競争入札の際に作成した間取りからは
だいぶ変更されていました。

これまで、オカムラ工房さんと何度も修正を加えて
ようやく今回の間取りに落ち着いたようです。

来月、解体工事が着工される予定です。

ラベル:城陽 工務店 契約
posted by ポラリス at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

山口県のお酒「獺祭」・・・美味しかったです


先日のブログでも書きましたが、
獺祭(ダッサイ)のお試し3本セットを買ってきました。

獺祭のお試し3本セット

左は精米歩合「五割」
右は精米歩合「三割九分」
中央は精米歩合「二割三分」
それぞれ180ml、1合ずつの小さな瓶です。

日本酒が好きな人はよくご存知かと思いますが、
精米歩合というのは、お米をどれだけ削ったのかを表す数値で
精米歩合が39%(三割九分)の場合、61%を削ったことになります。

精米歩合の数値が小さいほど、より削った事になります。

日本酒の原料となるお米は、
できるだけ表面を削って、心白と呼ばれる米の中心部だけを使うようにすると
雑味が無く、美味しいお酒を作り出す事ができます。

ちなみに精米歩合が50%以下を
大吟醸あるいは純米大吟醸と呼びます。

ですから、獺祭の精米歩合「五割」でも
雑味が無く、本当に飲みやすかったです。

しかし、三割九分を飲んでビックリ!

ましてや二割三分に至っては
クリアで全く癖もなく、スーッと抵抗なく喉を通っていきます。

獺祭は比較的辛口なので、辛口が好きな私にとっては
これ以上ないお酒です。

でも、獺祭にはさらに上のランクがあり、
720mlが3万円以上の価格で売っていました。

いつか飲んでみたいですね。

ところで、つい先日、こんなのが売っていたので買ってきました。

獺祭のスパークリング(にごり酒)

獺祭のスパークリング(にごり酒)
左が五割の720ml 1800円(税別)
右が三割九分の360ml 1550円(税別)

これがまた楽しみです。

posted by ポラリス at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

滋賀県大津市のSさんが工務店と請負契約


3月に工務店を決定した
滋賀県大津市のSさんが、工務店と請負契約を交わされました。

滋賀県大津市Sさんが工務店と請負契約

工務店決定の様子はこちら

弊社で基本プランを作成した際には気が付きませんでしたが、
3階の屋根が道路斜線に引っかかってしまう事が発覚して、
多少プランの変更を余儀なくされました。

その辺りは施工する堀井住建さんが、うまく処理してくれました。

15日から解体工事が始まります。
11月に完成の予定です。


posted by ポラリス at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする