最近の記事

2015年05月29日

目撃! 鴨川のヌートリア


事務所からの帰宅途中、
自転車で鴨川縁を走っていると、
見慣れない動物が泳ぐ姿を発見。

鴨川を泳ぐヌートリア

鴨川で繁殖していることが問題になっているヌートリアです。

体長は尻尾まで入れると50センチぐらいはあるでしょうか。
見た目は可愛らしいですし、
別に凶暴なわけではなく、人に危害を与えることはないと思うのですが、
生態系に悪影響を与えるとかで
駆除されるような話が出ています。

チョッとそれは可哀想な気がしますね。

実は以前も鴨川でヌートリアを見かけたのですが
その時はカピバラがいると思ったのですが、
ヌートリアとカピバラ・・・よく似ていて違いが分かりません。

ともかく、鴨川で繁殖しているのはヌートリアだそうです。

ところで、私がスマホでヌートリアを写真に撮っている時、
男性の外国人観光客が1人、ちょうどやってきて、
ヌートリアを見つけ、やはり写真に撮っていました。

私にあれは何だ?と尋ねるので
ヌートリア・・・南米の大きなネズミだと答えたのですが、
彼は、「あれはおそらくアーターだ」と主張していました。

アーター・・・?

家に帰ってネットで調べてみると、
どうやら「otter」・・・カワウソの事です。

ヌートリアとカワウソも、確かによく似ていますね。

ところで、またまた話は変わりますが「カワウソ」と言えば
山口県のお酒「獺祭」(ダッサイと読みます)を思い浮かべてしまいます。

カワウソを漢字で書くと「獺」

高価ですけど、本当においしいお酒ですよね。

実は、やはり事務所からの帰宅する途中で、
日本酒が充実している酒屋さんがあって、
たまに獺祭が売っているんです。

日本酒が充実している京都のタキモト

先日は3種類の獺祭が小さな小瓶でセット売りになっている
お試しセットのようなのが売っていました。

思わず買ってしまいました。

後日、飲んでみますので、感想を記載します。

posted by ポラリス at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

NHK「奇跡のレッスン」・・・考えさせられました


昨年の10月にNHKのBS1で放送された
「奇跡のレッスン」という番組が再放送されていました。

奇跡のレッスンのミゲル・ロドリゴさんと少年サッカーチーム

色々と考えさせられました。

番組の内容は
東京都内の平均的で一般的な少年サッカーチームを
フットサル日本代表監督のミゲル・ロドリゴさんが指導。
期間は1週間で1日2時間のレッスンをして、
子供たちに劇的な変化が起こるというドキュメンタリーです。

奇跡のレッスンのミゲル・ロドリゴさんと少年サッカーチーム

最近、ヤラセやねつ造で色々あったNHKですが、
この番組はとても面白く感動しました。

子供たちが日に日に生き生きとしていくのが
画面を通しても、よく分かりました。


実は私は高校生の時、バレーボールで全国大会に出場しました。

平日は4時間以上、休日は8時間の練習で、
そのほとんどが、何も考えず、
ただ同じことを繰り返すだけの反復練習をやるだけ。

そして、1日に何度も「ミスをするな」と怒鳴られ、
萎縮してノビノビとしたプレーはできなくなり、
何よりも、次第にバレーボールが嫌いになっていきました。

正直、私のバレーボールの記憶は
あまり良い思い出ではありません。


ところがミゲルさんの指導スタイルは全く違いました。
私もこんな人に教えられていたら・・・と思わずにはいられません。


最大の違いは、常に挑戦するよう子供たちに促します。

ミスしてもそれを叱るのではなく
次は成功するように挑戦させます。

成功すれば、思いっきり褒める。

良いところを見付けては、褒めて褒めて自信を付けさせる。


練習メニューにしても全く違います。

同じ事をただ繰り返すだけの反復練習はしません。
ゲーム形式の練習で、しかも長時間同じ練習をするのではなく、
子供たちが慣れたころに違うルールの次のゲームをする。

そして場面場面で、プレーを止めて、
どう対応したら良いのかをプレーヤーに考えさせる。


子供たちは次第に
「やらされている」というような受動的な状態から
能動的な前向きな姿勢へと変わっていきました。

しかも、子供たちの変化を見て、
親たちまで変わっていくんですね。

最終的に、いつも互角に争っているライバルチームに
9対0の大差で圧勝し、
大会では過去最高の成績を収めることができました。

この「奇跡のレッスン」という番組は
サッカーの指導を題材としていましたが、
子育てにも、会社の部下との接し方などにも
共通した何かを教えてくれます。

次はテニス編の再放送があるみたいです。

posted by ポラリス at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

京都府城陽市I様、2社の工務店と面談


京都府城陽市で建て替えをご計画のIさんが
住宅CMサービスをご利用になり、2社の工務店と面談をしました。

城陽市のI様の工務店面談 ←1社目

城陽市のI様の工務店面談 ←2社目

Iさんの競争入札には11社が応札。
これまで10社の応札が最高でしたが、新記録です。

Iさんは2回目の家づくりになります。
約25年ほど前に今のご自宅を新築され、今回はそれを建て替えます。

25年前の時には、建築会社に対し
かなりご不満があったようで、
打合せした通りに工事ができていなかったり、
Iさんに相談なしに、勝手な事をされたそうです。

今回の家づくりは私が付いていますので、
必ずや満足いただける家づくりができるでしょう。

面談した2社のうち、どちらが選ばれるでしょうか?
面談した時の両社の感触がとても良かったようで、
現在、Iさんは決められずに、悩みに悩まれています。
posted by ポラリス at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅CMサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

稲荷山に妻の曾祖母を祀るお塚


ゴールデンウィークの真っ只中、
今日は本当にいい天気です。

散歩がてら、稲荷山へ登りました。

自宅から30分も歩けば、稲荷山の四つ辻に到着します。
四つ辻からの景色は良いですが、
もう少し上の方に行くと、あまり人が行かない所で、
もっと景色の良い、隠れたビューポイントがあります。
その景色がこちら↓
稲荷山からの景色
空気が澄んでいると、ここから大阪のあべのハルカスを見ることができます。
でも今日は少し霞んでいて見えませんでした。
PM2.5の影響ですかね。

ところで、稲荷山と言えば千本鳥居が有名ですが、
参道に沿ってそこかしこに建つ「お塚」というものが有り
稲荷山全体で1万基ぐらいあるらしいです。

実はその中の1基、
とあるお塚に妻の曾祖母が祀られているお塚があるんです。

稲荷山の妻の曽祖母のお塚

詳しくは知りませんが、妻の曾祖母はシャーマンだったようで、
不思議な力を持ち、多くの人から崇められていたらしいのです。

以前、1度だけ信者の方々が集まって
このお塚を掃除しているのを見たことがあります。

曾祖母の血を引く私の妻と子供たちですが、
残念ながらその不思議な力は受け継いでいないようです。
posted by ポラリス at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする